« 梅團治憧れの東西二人会〜柳家喬太郎の段 | トップページ | 「ミュージック・サプリ」田代万里生 篇 »

バッハ・オルガン作品全曲演奏会 Vol.5「美しき短調、そして大フーガ」

7月4日(金)いずみホールへ。

フランスのオルガニスト、ダニエル・ロートの演奏でオール・バッハ・プログラム。

  • プレリュードとフーガ ト短調 BWV535
  • コラール「人はみな死すべきさだめ」
  • 「アダムの堕落によりてことごとく腐れたり」
  • 「汝、平和の君、主イエス・キリストよ」
  • 「おお主なる神よ、汝の聖なる御言葉は」
  • コラール・パルティータ「キリストよ、汝真昼の光」
  • フーガ ハ短調 BWV574
    (休憩)
  • ファンタジー ハ短調 BWV1121
  • 「キリストは死の縄目につながれたり」
  • 「キリストを われらさやけく頌め讃うべし」
  • トリオ・ソナタ 第2番 ハ短調 BWV526
  • 「来ませ、造り主なる聖霊の神よ」
  • 「主イエス・キリストよ、われらを顧みて」
  • 「われ汝に別れを告げん」
  • ファンタジーとフーガ ト短調 BWV542

いずみホール音楽ディレクター・磯山雅さんとの対談でロートはバッハのオルガン曲は調性によって全く違う世界が広がる、特にト短調は劇的だと。

彼が創りだす音色は多彩で、摩訶不思議な光景が目の前に立ち現れる。その演奏はキリリとして決然と歩み、ゆるぎない。特にコラールはさながら万華鏡の如し。手廻し(ストリート)オルガンか、はたまたシンセサイザーか?といった音色にハッとさせられた。宇宙的荘厳さから素朴な信仰心まで、彼はオルガンから無限の可能性を引き出す。僕が連想したのはアンドレイ・タルコフスキーの「惑星ソラリス」だった(映画の中でバッハのオルガン曲も使用されている)。

プログラム最後の「ファンタジーとフーガ」は亡くなった先妻への追悼と、新婦を迎える歓びが表現されているという説があるという(会場からは笑いが起こった)。ファンタジーは威圧的で、どんどん音色が変化してゆく。これは紛れもなくバッハ最高傑作の一つだと想った。

アンコールはコラール「装いせよ、おお、魂よ」BWV654だった。

|
|

« 梅團治憧れの東西二人会〜柳家喬太郎の段 | トップページ | 「ミュージック・サプリ」田代万里生 篇 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/60139222

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ・オルガン作品全曲演奏会 Vol.5「美しき短調、そして大フーガ」:

« 梅團治憧れの東西二人会〜柳家喬太郎の段 | トップページ | 「ミュージック・サプリ」田代万里生 篇 »