« 映画「her/世界でひとつの彼女」 | トップページ | 桂九雀・雀三郎・松尾貴史「らも噺の会」 »

2014年7月29日 (火)

五嶋みどり&Young Artists/活動報告コンサート

6月21日(土)ザ・フェニックスホールへ。

五嶋みどり(ヴァイオリン/大阪府枚方市出身)、ガヒョン・チョウ(ヴァイオリン/韓国出身)、ウィリアム・フランプトン(ヴィオラ/アメリカ出身)、マイケル・カッツ(チェロ/イスラエル出身)で、

  • ヴォルフ/セレナーデ
  • フォーレ/弦楽四重奏曲 ホ短調
  • 活動報告
  • チャイコフスキー/弦楽四重奏曲 第1番

ヴォルフはイタリアの陽光を感じさせた。

フォーレが晩年に作曲した弦楽四重奏曲は渋い。ヴィヴラートを抑制し、甘くない演奏。

チャイコフスキーは瑞々しいと同時に禁欲的で、緊密なアンサンブルだった。

第2楽章アンダンテ・カンタービレを聴くと否応なく大林宣彦監督の映画「転校生」を想い出し、懐かしかった。

活動報告ではNPO法人ミュージック・シェアリングとしてこのメンバーで昨年12月にミャンマーを訪れ、約2週間で4都市14ヶ所の学校、病院、難民キャンプなどでコンサートを開催したことがスライドを交えてプレゼンテーションされた。水道が通っていない地区もあったという。

五嶋みどりという人は本当に尊敬に値する女性だ、と改めて想った。

|
|

« 映画「her/世界でひとつの彼女」 | トップページ | 桂九雀・雀三郎・松尾貴史「らも噺の会」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/60062608

この記事へのトラックバック一覧です: 五嶋みどり&Young Artists/活動報告コンサート:

« 映画「her/世界でひとつの彼女」 | トップページ | 桂九雀・雀三郎・松尾貴史「らも噺の会」 »