« インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団「忘れられた北欧の作曲たち」 »

アルテミス・カルテット

5月25日(日)兵庫県立芸術文化センターへ。

Al

1970年に東京カルテットが優勝して以来25年間優勝者を出さなかったミュンヘン国際音楽コンクールにおいて96年にアルテミス・カルテットは第1位となった。しかし創立メンバーで残っているのはチェロのエッカート・ルンゲだけで、2012年には第1ヴァイオリン奏者としてラトヴィア出身のヴィネタ・サレイカを迎えた。ちなみにギドン・クレーメルも彼女と同郷である。

今回のプログラムは、

  • ブラームス/弦楽四重奏曲 第1番
  • クルターグ/小オフィチウム〜アンドレーエ・セルヴァンスキーを追悼して
  • ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第14番

ブラームスの第1楽章は鋭利で怜悧な演奏。速攻で畳み掛け、知性のひらめきを感じさせる。第2楽章は囁くようで繊細。第3楽章の憂鬱なセレナーデを経て最終楽章は激しく感情が迸る。

現代ハンガリーの作曲家クルターグの作品は詰まらない。語る価値なし。

そしてベートーヴェンの最高傑作、深淵の森へ。研ぎ澄まされたpp。水も漏らさぬ緊密なアンサンブル。推進力がありグイグイ前へ。この作品は全7楽章で変奏曲の第4楽章を中心としてシンメトリーを形成している。揺るぎない構築性。第5楽章がスケルツォで第6楽章が緩徐楽章、そして終楽章がソナタ形式。これって通常の第3→第2→第1楽章に相当するよね。つまり逆走するんだ。アルテミスの演奏はスケルツォが小気味よく切れ味があり、終楽章は運命に抗うように決然と歩む。中身がギッシリ詰まった充実したパフォーマンスであった。

|
|

« インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団「忘れられた北欧の作曲たち」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/59717959

この記事へのトラックバック一覧です: アルテミス・カルテット:

« インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団「忘れられた北欧の作曲たち」 »