« 「ブルージャスミン」〜どうして大スターたちはウディ・アレンの映画に出たがるのか? | トップページ | アルテミス・カルテット »

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

評価:A

スピルバーグが審査委員長を務めたカンヌ国際映画祭でグランプリ(次点)を受賞。カンヌの最高賞はパルムドールだが、そちらを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」より断然本作の方が良かった。映画公式サイトはこちら

Inside_llewyn_davis_poster

そもそも僕はコーエン兄弟の映画が好きじゃない。代表作「ファーゴ」もアカデミー作品賞・監督賞を受賞した「ノーカントリー」もちっとも面白くなかった。だけど本作で初めていいと想った。

実話かフィクションかも知らずに観に行ったのだが、ボブ・ディランが憧れた実在のフォーク・シンガー、デイヴ・ヴァン・ロンクの回想録にインスパイアされてシナリオが書かれているそうだ。主人公を演じるオスカー・アイザックは一切吹き替えなしでギターを弾き、歌っているという。大したものだ。ある意味ミュージカル映画とも言えるだろう。

コーエン兄弟作品の撮影監督といえばロジャー・ディーキンスと相場が決まっていたが、今回は「アメリ」「ロング・エンゲージメント」のブリュノ・デルボネル。寒色系の硬質な映像が魅力的だった。特に猫の目線で走る地下鉄の車窓からの光景を捉えたショットはお見事!

演出については猫の扱い方が上手い。ふらっと放浪の旅に出るあたり、主人公の人生と重なりメタファー(暗喩)としての役割を果たしている。映画の後半からロード・ムービーになる構成もユニークだし、彼が出会う人々が奇妙に個性的で心に残る。また最後が円環構造になっているのも洒落ている。必見。

|
|

« 「ブルージャスミン」〜どうして大スターたちはウディ・アレンの映画に出たがるのか? | トップページ | アルテミス・カルテット »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/59747058

この記事へのトラックバック一覧です: インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌:

» 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の正体は? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  ルーウィン・デイヴィスの女友達ジーン役にキャリー・マリガンがキャスティングされたのは、彼女が「マリガン」だからじゃないか。なんて妄想が頭をかすめた。  ルーウィンは彼女の部屋に泊めてもらうが、そこには別の男もいて、三人で夜を明かすことになる。  そんな話が他にもあったからだ。                  ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン...... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 16時56分

« 「ブルージャスミン」〜どうして大スターたちはウディ・アレンの映画に出たがるのか? | トップページ | アルテミス・カルテット »