« 寺神戸亮×チョー・ソンヨンのバッハ | トップページ | 映画「アデル、ブルーは熱い色」 »

ドヴォルザークの「自然と人生と愛」〜寺岡清高/大阪交響楽団 定期

4/24(木)ザ・シンフォニーホールへ。

寺岡清高/大阪交響楽団で、オール・ドヴォルザーク・プログラムを聴く。8割の入り。

副題で「マーラーとそのライヴァルたち」とあるが、実はマーラーもドヴォルザークと同じく現在のチェコ(ボヘミア地方)生まれなのである。マーラーは都会のウィーンに出たが、ドヴォルザークは生まれ故郷に留まった。その違いが音楽にどう出ているか、ということを探求するシリーズである。

  • 序曲「自然の中で」
  • 序曲「謝肉祭」
  • 序曲「オセロー」
  • 交響曲 第7番

前半は序曲三部作「自然と人生と愛」。ドイツ語圏では「自然三部作」とも呼ばれているそう。「自然の中で」の冒頭のテーマが後の2曲でも引用されており、連続で演奏されることが念頭に作曲されている。実際、1892の初演時にも3曲続けて披露された。

「謝肉祭」は比較的演奏される機会が多く僕自身生で数回聴いたが、他は全く初めて。ましてや、まとめて聴けるチャンスは希少価値と言えるだろう。

「自然の中で」は情感豊か。柔らかく、伸びやかな演奏で気持ちがいい。「謝肉祭」は人生の讃歌。寺岡はプレトークで「オセロー」にワーグナーからの影響を指摘していたが、確かに和音が「トリスタンとイゾルデ」を彷彿とさせる。また冒頭部は「新世界から」第2楽章に楽想が似ている。僕はこの三部作を「人類誕生以前の自然の姿」「人間の生」「その死」という風に感じた。連続して聴いて初めて分かることがある。その確かな手応えがあった。

後半は僕が大好きな第7番。プレトークでブラームス/交響曲 第3番との類似に言及されたが、そりゃ確かにそうだけれど、だからといってこの作品の価値が貶められるわけではないだろう。歌心とメリハリを兼ね備えた演奏。畳み掛ける終楽章は一糸乱れぬ緻密なアンサンブルが展開され、大いに満足した。

|
|

« 寺神戸亮×チョー・ソンヨンのバッハ | トップページ | 映画「アデル、ブルーは熱い色」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/59526422

この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルザークの「自然と人生と愛」〜寺岡清高/大阪交響楽団 定期:

« 寺神戸亮×チョー・ソンヨンのバッハ | トップページ | 映画「アデル、ブルーは熱い色」 »