« 驚くべき物語「あなたを抱きしめる日まで」 | トップページ | フルート・ライブ・セッション/クドウ・シゲノリ・ウインド・アンサンブル »

堀米ゆず子/バッハ&ブラームス プロジェクト 《第2回》

第1回のレビューはこちら

3月16日(日)兵庫県立芸術文化センターへ。

Hori

堀米ゆず子(ヴァイオリン)、佐々木亮(ヴィオラ)、木越洋(チェロ)、田村響(ピアノ)で、

  • ブラームス/ピアノ四重奏曲 第2番
  • ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ 第2番
  • J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番
  • J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 
     第3番〜ガボット(アンコール

ブラームスのカルテットは「でもねでもね」と言っているような逡巡、優柔不断なじれったさが特徴。渋い。第2楽章は「いこかもどろか」、第4楽章は賑やかなホイリゲ(居酒屋)でロマ(ジプシー)の楽団を聴いている感じ。演奏の方は力強く雄弁だった。

続くソナタは仄かな憧れと憂鬱が支配的。堀米のヴァイオリンが野太い音を奏で、感傷とは無縁。低音はいぶし銀で無骨。しかし無味乾燥にはならず潤いがある。

大バッハのソナタはヴィブラートを抑制し、ピンと張り詰めた緊張感が全体を貫く。音楽が毅然と立ち上がり、有無を言わせぬ説得力があった。

|
|

« 驚くべき物語「あなたを抱きしめる日まで」 | トップページ | フルート・ライブ・セッション/クドウ・シゲノリ・ウインド・アンサンブル »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/59363768

この記事へのトラックバック一覧です: 堀米ゆず子/バッハ&ブラームス プロジェクト 《第2回》:

« 驚くべき物語「あなたを抱きしめる日まで」 | トップページ | フルート・ライブ・セッション/クドウ・シゲノリ・ウインド・アンサンブル »