« 文都・はだか・仁智/繁昌亭昼席(1/30) | トップページ | 邦楽器との響演/いずみシンフォニエッタ大阪 定期 »

2014年2月 1日 (土)

仲道郁代/シュタインとスタインウェイで聴くモーツァルト

1月26日(日)兵庫県立芸術文化センターへ。仲道郁代さんの演奏で、オール・モーツァルト・プログラム。

Naka_2

1790年製フォルテピアノ「シュタイン」(61鍵、ピッチ430Hz)Fと現代のピアノ「スタインウェイ」(88鍵、ピッチ442Hz)Mを弾き分けた。

  • きらきら星変奏曲 K.265 M
  • ピアノソナタ 第11番 イ長調「トルコ行進曲付き」 K.331 M→3楽章のみF
  • ロンド イ短調 K.511 F
  • ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310 聴衆の多数決でFに
  • ロンド ニ短調 K.485 M&F 交互
  • 幻想曲 ニ短調 K.397 M&F
  • ピアノ・ソナタ 第3番 変ロ長調 K.281 M
  • グラスハーモニカのためのアダージョ ハ長調 K.356 (K.617a)
    (アンコール) M

途中、調律師が両方の鍵盤部分を取り外し、ハンマーが弦を叩く機構の違いなどの解説もあった。

モダン・ピアノと比べると、シュタインは弾いた時の鍵盤の沈む深さも、重さも半分ぐらいだそう。ちなみに鋼鉄の箱で出来ているスタインウェイ全体の張力は20トン。対するシュタインはたった5トン。だから華奢な木の枠で支えられるのだと。

仲道さんの奏でるモーツァルトは無邪気で、柔らかい音色で優しく包むかのよう。

アンコールの「グラスハーモニカのためのアダージョ」は初版のケッヘル番号で356を与えられたが、第6版で617aと改められた。現在では最晩年の1791年作曲と考えられている。仲道さんからも「恐らくモーツァルト最後の作品」と紹介された。

勉強になったし、面白かった!

|
|

« 文都・はだか・仁智/繁昌亭昼席(1/30) | トップページ | 邦楽器との響演/いずみシンフォニエッタ大阪 定期 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

古楽の愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/59043740

この記事へのトラックバック一覧です: 仲道郁代/シュタインとスタインウェイで聴くモーツァルト:

« 文都・はだか・仁智/繁昌亭昼席(1/30) | トップページ | 邦楽器との響演/いずみシンフォニエッタ大阪 定期 »