« 映画「地獄でなぜ悪い」 | トップページ | シリーズ《映画音楽の巨匠たち》 第2回/ジェリー・ゴールドスミス 篇 »

神尾真由子&ホーヴァル・ギムゼ@いずみホール

10月10日(木)いずみホールへ。

ヴァイオリン:神尾真由子、ピアノ:ホーヴァル・ギムゼ(ノルウェー出身)によるデュオ・リサイタルを聴いた。

  • ラフマニノフ/ヴォカリーズ(ハイフェッツ編)
  • プロコフィエフ/バレエ音楽「シンデレラ」より5つの小品(フィヒテンゴリツ編)
  • メトネル/「2つのおとぎ話」Op.20より第1番(ハイフェッツ編)
  • メトネル/ヴァイオリン・ソナタ 第1番
  • プロコフィエフ/5つのメロディ
  • プロコフィエフ/ヴァイオリン・ソナタ 第2番

今回のプログラムの特徴は2つ挙げられるだろう。

  1. 全てロシア(旧ソ連)の作曲家
  2. メトネルのソナタ以外は編曲もの

プロコフィエフ「5つのメロディ」の原曲は「5つの歌曲」(ヴォカリーズ=歌詞のない歌)であり、ヴァイオリン・ソナタ 第2番の原曲はフルート・ソナタ。これを聴いたオイストラッフの依頼で作曲家自身が編曲した。

神尾さんを生で聴くのはこれが6回目。チャイコフスキー国際コンクールで優勝した直後の彼女の演奏は攻撃的であり、魂の内面から燃え上がる炎が強烈だった。

最近結婚した彼女は落ち着いて柔らかい表情になり、演奏の方も角が取れてまろやかになった。白のドレスで登場。

ラフマニノフの「ヴォカリーズ」から成熟した音楽が展開された。従来からの特徴である野太い低音も健在。

シンデレラ」には艶めかしらすら感じられ、躍動感があった。

メトネルには粘っこく濃厚なロマンティシズムがあった。時に優美で、ここぞという時には何かに駆り立てられるよう。雄弁な解釈。

プロコフィエフの音楽には怜悧で研ぎ澄まされた知性、簡素で硬質なモダニズムがある。そのソナタを神尾さんは物凄い集中力で挑み、吹き出そうとするを見事にコントロールしながらエレガントに弾き切った。圧巻のパフォーマンスであった。

アンコールは、

  • ショスタコーヴィチ/映画「馬あぶ」よりロマンス
  • リムスキー=コルサコフ/熊蜂の飛行(ハイフェッツ編)
  • チャイコフスキー/「懐かしい土地の想い出」よりメロディ

ショスタコーヴィチは骨太、熊蜂は史上最速で軽やか、そしてチャイコフスキーは豊かな歌を聴かせてくれた。

終わってみれば21時15分。ロシア音楽を堪能した。

来年4月に井上道義/大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に登場することが決まっている神尾さん(現時点で演目未定)。是非関西でもコルンゴルトのコンチェルトを聴かせて下さい!ちなみにミッキーはコルンゴルトのオペラ「死の都」を演奏会形式で1996年に日本初演している(京都市交響楽団 定期)。

|
|

« 映画「地獄でなぜ悪い」 | トップページ | シリーズ《映画音楽の巨匠たち》 第2回/ジェリー・ゴールドスミス 篇 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/58361444

この記事へのトラックバック一覧です: 神尾真由子&ホーヴァル・ギムゼ@いずみホール:

« 映画「地獄でなぜ悪い」 | トップページ | シリーズ《映画音楽の巨匠たち》 第2回/ジェリー・ゴールドスミス 篇 »