« 宮崎駿監督「風立ちぬ」批判に徹底反論する(堀辰雄「菜穂子」を通して) | トップページ | 想像力についての考察(「風立ちぬ」「桐島」そして「秒速5センチメートル」を巡って) »

宮崎駿「風立ちぬ」とモネの「日傘を差す女」

宮崎駿監督「風立ちぬ」のポスターになった場面はクロード・モネが描いた「日傘の女」へのオマージュであることは既に多くの人が指摘しており、今更言うまでもない。

Kaze2_2

そこでこの記事では「どうして、いきなりモネ!?」という疑問を解明すべく、考察してみたい。

まず「日傘の女性、モネ夫人と息子日傘をさす女)」を見て下さい。

Woman_with_a_parasol_4

モデルは妻のカミーユと息子のジャン。描かれたのは1875年。その4年後にカミーユは32歳の若さで亡くなった。そして彼女は結核を患っていた。つまり「風立ちぬ」に繋がっているのだ!

カミーユの死後7年経過した1886年にモネは再び同じ題材の作品に取り組んでいる。それが下の二点である。

Monet1

Monet2_2

女の顔はぼんやりして見分けがつかなくなっている。あたかも黄泉の国からふと、現世に立ち現れたかのようだ。これはモネが夢で見た情景、幻想なのかも知れない。そういう意味において、やはり「風立ちぬ」ラストシーンの世界観を彷彿とさせる。

なお、最後の絵については女性の影がないと指摘する声もある。ただ僕は、光が右斜め前方から射しているので、影は左後方にあるんじゃないかと解釈しているのだが、皆さんはどうお考えになるだろうか?

|
|

« 宮崎駿監督「風立ちぬ」批判に徹底反論する(堀辰雄「菜穂子」を通して) | トップページ | 想像力についての考察(「風立ちぬ」「桐島」そして「秒速5センチメートル」を巡って) »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

アニメーション・アニメーション!」カテゴリの記事

アート・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

 雅哉さん

 初めまして。EROICAというペンネームの者です。ご存じとは思いますが、EROICAとは、ベートーヴェンの交響曲第3番の題名です。
 私、モネのこの絵、特に下から2番目の腰のあたりに赤い花のようなものをつけてる絵が、大好きなのです。
 顔が、はっきり描かれていなくて、私の好きな人の絵ととらえることも出来て・・・
 この1枚が欲しくて、モネの画集を買ったこともあります。
 その絵が、私が気に入っている『風立ちぬ』と関係があるなんて、初めて知りました。嬉しいです。
 今後もよろしく。

投稿: EROICA | 2015年2月 3日 (火) 13時12分

EROICAさん、嬉しいいコメントをありがとうございます。

仰るとおり、下2枚の絵の女性はどちらも左腰に花を挿していますね。指摘されて初めて気が付きました!

これからもどうぞよろしくお願い致します。

投稿: 雅哉 | 2015年2月 3日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/58034677

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎駿「風立ちぬ」とモネの「日傘を差す女」:

« 宮崎駿監督「風立ちぬ」批判に徹底反論する(堀辰雄「菜穂子」を通して) | トップページ | 想像力についての考察(「風立ちぬ」「桐島」そして「秒速5センチメートル」を巡って) »