« ドストエフスキー「罪と罰」→野田秀樹「贋作・罪と罰」→ミュージカル「天翔ける風に」 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団「トリスタン秘話」/カイルベルトとモットル »

2013年7月 2日 (火)

笑福亭たま VS 旭堂南湖「激突二人会」

天満天神繁昌亭にて落語家・笑福亭たまさんと講談師・旭堂南湖さんの二人会。それぞれ古典と新作(自作)を一作ずつ披露した(Myselvesはたまさんと放送作家・米井敬人さんのユニット「たまよね」作)。

一日目(6/19)

  • 桂 福丸/金明竹
  • 旭堂南湖/太閤記より織田信長の死・前編(本能寺の変)
  • 笑福亭たま/ドーベルマン刑事
  • 旭堂南湖/祝島 原発反対三十年
  • 笑福亭たま/口入屋

二日目(6/20)

  • 桂 治門/動物園
  • 旭堂南湖/エベレストに眠る
  • 笑福亭たま/猿後家
  • 旭堂南湖/太閤記より織田信長の死・後編(大徳寺焼香場)
  • 笑福亭たま/Myselves

福丸さんは快調なリズム感で明るい高座。

たまさんは南湖さんがラジオ大阪のパーソナリティーを務めていた時のエピソードなどを紹介。

太閤記」で南湖さんは珍しく釈台に本を置いて読み聞かせた。石州和紙を和綴じしたもので表紙に「不許他見」(他の人が見ることを禁ずる)と書かれている。昔はこういうスタイルが普通だったそう。ダイナミックで迫力のある高座だった。「大徳寺焼香場」をする講談師は現在、日本で5人しかいないそう。

祝島の祝は「ほうり」とも読み、「祝部(ほうりべ)」とは神社に属して神に仕える職の一だという。

ドーベルマン刑事」でたまさんは「8分間でエッセンスを凝縮しました」と。ギャグの連続技で場内爆笑。

現在の人材派遣会社に相当する「口入屋」のマクラで、当時の女性たちは「一期」または「半期」の出替わりが普通だったと。腹黒い丁稚、カッコつけの番頭が可笑しい。

エベレストに眠る」は南湖さんのおじさんの話。エベレストでは初登頂後現在までに216人が命を落とし、うち150人の遺体は凍結放置されたままだという。シェルパ族を雇いベース・キャンプまで行くとか、「登山家の墓場」など、色々知らないことが聴けてよかった。

Myselves」は奇想が面白かった。不条理な噺。

|
|

« ドストエフスキー「罪と罰」→野田秀樹「贋作・罪と罰」→ミュージカル「天翔ける風に」 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団「トリスタン秘話」/カイルベルトとモットル »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/57668833

この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭たま VS 旭堂南湖「激突二人会」:

« ドストエフスキー「罪と罰」→野田秀樹「贋作・罪と罰」→ミュージカル「天翔ける風に」 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団「トリスタン秘話」/カイルベルトとモットル »