« 映画「グランド・マスター」 | トップページ | 柳家さん喬 ひとり舞台@亀屋 »

2013年6月19日 (水)

映画「はじまりのみち」

こちらも併せてお読み下さい。

評価:B

Hajimari

木下惠介誕生100年記念映画。公式サイトはこちら

アニメーションの世界で活躍してきた原恵一監督の実写映画第1作である。堅実な作品で出来はかなりいい。原監督の作品でA級の傑作といえばやっぱり「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」と「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」だろう。それらには及ばないが、少なくとも退屈な「河童のクゥと夏休み」や「カラフル」よりはマシ。そういう立ち位置である。

最初はテンポが悪い(間延びしている)と思いながら観ていたが、人間をじっくり描き最後は感銘を受けた。宮崎あおいをワン・ポイントで起用しているのだが、彼女が「二十四の瞳」の大石先生(高峰秀子)へのオマージュとして登場した時には涙が出た。子どもたちを数えたらしっかり12人!憎いね。あと「楢山節考」へのオマージュもある。

ただ些か不満なのはやはり、木下恵介がゲイであるという事実を避けたこと。作品の性格上仕方ないのかもしれないが、それでは木下作品の核心に迫ることは難しいだろう。例えば将来ペドロ・アルモドバル監督(「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」)の伝記映画を製作すると仮定して、彼がゲイであることを回避出来るだろうか?

便利屋を演じた濱田岳が素晴らしい。いい味出している。今年の助演男優賞有力候補ではないだろうか?また田中裕子の凛とした美しさも特筆に値する。素敵な年の重ね方をしているなぁと感心した。

|
|

« 映画「グランド・マスター」 | トップページ | 柳家さん喬 ひとり舞台@亀屋 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/57617804

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「はじまりのみち」:

» 『はじまりのみち』 オールタイム・ベストワンは? [映画のブログ]
 あなたにとって、オールタイム・ベスト1の映画は何だろうか。  古今東西それぞれの映画にそれぞれの良さがあるので、一つに絞るのはなかなか難しいことだろう。  そこで私は久しく以前にオールタイム・...... [続きを読む]

受信: 2013年6月20日 (木) 23時15分

« 映画「グランド・マスター」 | トップページ | 柳家さん喬 ひとり舞台@亀屋 »