« 映画「中学生円山」と宮藤官九郎(クドカン)論(「あまちゃん」含む) | トップページ | 「はじまりのみち」公開記念〜木下惠介監督再評価のために/彼の性的嗜好に関する考察 »

インド映画「きっと、うまくいく」

考えてみたらインド映画を観るのは1998年に日本で公開された「ムトゥ 踊るマハラジャ」以来かも!?「スラムドッグ$ミリオネア」は勿論観ているが、あれはイギリス映画だし。

評価:B+

3

原題は" 3 idiots "つまり「3人の愚か者」。2009年の作品。インド映画歴代興行成績NO.1となり、インドアカデミー賞で作品賞・監督賞など史上最多の16部門を制覇したという。その中に「悪役賞」とか「男性プレイバックシンガー賞」という謎の部門があったり、脚本賞とは別に台詞賞があったりと、そのテキトーさがインドらしくて面白い。

上映時間2時間50分という長尺だが飽きることはなかった。

名門工科大学ICEに通う3人の大学生の友情の物語。10年後の彼らの姿をクロスカッティングしながら描いてゆく。エリート校のプレッシャーから自殺者が出たりと内容は結構シビアである。学歴社会であるインドの現状をあぶり出しながら、一方で脳天気なミュージカル・シーンも有り、その混沌(カオス)ぶりがインド映画ならでは。挿入歌の歌詞がまたいいんだ。サービス精神旺盛で結構笑えるし、最後は「ショーシャンクの空に」を彷彿とさせる爽快感が待ち受けている。大いに気に入った。「誰がために鐘は鳴る」のキスシーンとか、「月の輝く夜に」など、往年のハリウッド映画へのオマージュもニヤリとさせられる。

主演のアーミル・カーンは1965年生まれ、撮影当時既に40代半ば。でも全然そんな風には見えず、若々しかった。インドで非常に人気がある役者だそう。

これを見逃す手はない。今すぐ映画館に駆けつけろ!

|
|

« 映画「中学生円山」と宮藤官九郎(クドカン)論(「あまちゃん」含む) | トップページ | 「はじまりのみち」公開記念〜木下惠介監督再評価のために/彼の性的嗜好に関する考察 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/57496225

この記事へのトラックバック一覧です: インド映画「きっと、うまくいく」:

» 『きっと、うまくいく』 インド人にびっくり! [映画のブログ]
 インド映画の特徴といえば、上映時間が長いこと、歌と踊りが満載なこと、底抜けに楽しいことなどいろいろ挙げられるだろうが、酒とタバコがほとんど出てこないのも大きな特徴だろう。  もちろん、そんなも...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 20時46分

« 映画「中学生円山」と宮藤官九郎(クドカン)論(「あまちゃん」含む) | トップページ | 「はじまりのみち」公開記念〜木下惠介監督再評価のために/彼の性的嗜好に関する考察 »