« PACオーケストラ リサイタルシリーズ/フルート(前半)&ヴァイオリン(後半) | トップページ | 21世紀に映画は古典「アンナ・カレーニナ」をどう描いたか? »

外山雄三/大阪交響楽団 定期 ~プロコフィエフ没後60年~

4月12日(金)ザ・シンフォニーホールへ。

外山雄三/大阪交響楽団で、

  • 外山雄三/前奏曲(2012) 改訂版初演
  • ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第3番
  • プロコフィエフ/バレエ音楽「ロミオとジュリエット」

ピアノ独奏は江口 玲(えぐち あきら)。

外山雄三/前奏曲は5分程度の小品。金管の咆哮で始まり、静かな弦に移行する。日本民謡調の節回し。そして最後はリズミカルな祭りとなり、ぐんぐん加速する。吹奏楽で演っても面白いんじゃないだろうか?ただコンクール自由曲としては尺が足りないかも。

協奏曲は江口 玲というピアニストに魅了された。剛直で特に小指が力強い。タッチが明瞭で、バックハウスに近いピアニズムを感じた。またカデンツァが奇天烈でびっくり!リストによるものだそうだ。なんとも珍しい。

ソリスト・アンコールはシューマン/トロイメライ。タメがなく、夢見るようでもなく(トロイメライ=夢)、潔い演奏。大いに気に入った!

ロミオとジュリエット」は明快で生真面目な解釈。楷書的である。ワクワクするような面白さとか、遊び心がもっと欲しい気もするが、これは指揮者の特性であり、無い物ねだりというものだろう。そもそもプロコフィエフは「冷めた音楽」を書く人なので、こういう解釈もありだと想った。

|
|

« PACオーケストラ リサイタルシリーズ/フルート(前半)&ヴァイオリン(後半) | トップページ | 21世紀に映画は古典「アンナ・カレーニナ」をどう描いたか? »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/57179316

この記事へのトラックバック一覧です: 外山雄三/大阪交響楽団 定期 ~プロコフィエフ没後60年~:

« PACオーケストラ リサイタルシリーズ/フルート(前半)&ヴァイオリン(後半) | トップページ | 21世紀に映画は古典「アンナ・カレーニナ」をどう描いたか? »