« セバスティアン・マンツ(クラリネット)@大阪倶楽部 | トップページ | 大植英次/大フィルのマーラー「復活」@フェスティバルホール »

オーギュスタン・デュメイ/関西フィル@いずみホール、@ザ・フェニックスホール

4月21日いずみホールへ。

オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン独奏・指揮)/関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、

  • フランク/ヴァイオリン・ソナタ
  • ショーソン/ヴァイオリン、ピアノと弦楽合奏のためのコンセール
  • モーツァルト/交響曲 第29番

ピアノ・ソロは当初エレーヌ・メルシエが発表されていたが(フランクではなくドビュッシーのソナタが予定されていた)、急病のためパヴェル・コレスニコフが代演した。コレスニコフはモスクワ音楽院で学んだ後、ベルギーでマリア・ジョアン・ピリスに師事した。2012年にカナダのホーネンス国際ピアノ・コンクールで優勝。

フランクでのデュメイのヴァイオリンは力強く、第1楽章は固い意志が漲るかのようであった。第2楽章は厚みのある音で、凛として艶がある。第3楽章は夢や憧れが感じられ、第4楽章は足踏みをするなど熱気があった。

ショーソンは幻夢的で極めて美しい音楽。第1楽章はデュメイの研ぎ澄まされた音にゾクゾクした。第2楽章は月光下に浮かび上がるまぼろし。ジャン=ジャック・ルソーの絵を彷彿とさせる。第3楽章は決然として誇り高い。第4楽章は畳み掛ける緊張感があり、オケにも気迫があった。

ソリスト・アンコールはショパン/ワルツ第19番 イ短調とスカルラッティ/ソナタ イ長調 K.322。達者なピアノだった。

モーツァルトの交響曲は色彩感ある演奏。小気味よく溌剌としている。ニュアンス豊か。弾むように歌うが、決して古楽器演奏みたいに攻撃的にはならない。

デュメイが指揮する時、関西フィルは実力以上の音を出すが(150%増し)、以前にも増して柔らかく円やかな響きを獲得した印象を受けた。

---------------

続いて4月25日(木)、ザ・フェニックスホール。やはりデュメイ(ヴァイオリン独奏・指揮)/関西フィルで、

  • モーツァルト/弦楽五重奏曲 第4番 K.516より第1楽章
  • ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ 第3番 (ピアノ:上田晴子)
  • モーツァルト/管楽器のためのセレナーデ(第11番) K.375
  • スーク/弦楽セレナーデ

弦楽五重奏曲はプログラムにしっかりと「デュメイ氏が指導したクインテットです」と記載されており、気合が入っている!前座として申し分なし。

デュメイのブラームスは基本的にフランクと同様の印象を受けた。ピンと張りがあり、情熱的に攻める姿勢を崩さない。しかし一方で、ブラームス固有の憂愁・哀感もある。

モーツァルトセレナーデは音の強弱、緊張と緩和の対比が鮮やか。メリハリがある。

ヨセフ・スークはドヴォルザークの教え子で、後に娘婿となった。スーク・トリオで有名な同名のヴァイオリニスト、ヨセフ・スークは孫である。

弦楽セレナーデといえばチャイコフスキーとドヴォルザークが有名だが、スークの作品もそれらに劣らぬ傑作。演奏は緩急の変化に富み、繊細な弱音とダイナミックな強音が印象的だった。楽員の「本気」を肌で感じた。

クリーヴランド管弦楽団を「アメリカ5大オーケストラ」に鍛え上げたジョージ・セルやモントリオール交響楽団を一流オケにしたシャルル・デュトワ同様、デュメイは卓越したオーケストラ・ビルダーである。ダーク・ホース=関西フィルの今後に注目したい。

|
|

« セバスティアン・マンツ(クラリネット)@大阪倶楽部 | トップページ | 大植英次/大フィルのマーラー「復活」@フェスティバルホール »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/57225354

この記事へのトラックバック一覧です: オーギュスタン・デュメイ/関西フィル@いずみホール、@ザ・フェニックスホール:

« セバスティアン・マンツ(クラリネット)@大阪倶楽部 | トップページ | 大植英次/大フィルのマーラー「復活」@フェスティバルホール »