« なにわ《オーケストラル》ウィンズから考える、日本の吹奏楽の問題点 | トップページ | オーギュスタン・デュメイ/関西フィル@いずみホール、@ザ・フェニックスホール »

セバスティアン・マンツ(クラリネット)@大阪倶楽部

4月19日(金)大阪倶楽部へ。

セバスティアン・マンツ(クラリネット)、三輪 郁(ピアノ)のリサイタル。

  • ウェーバー/「シルヴァーナ」の主題による7つの変奏曲
  • ペンデレッキ/クラリネットとピアノのための3つのミニチュア
  • シューマン/クラリネットとピアノのための幻想小曲集
  • ストラヴィンスキー/クラリネット・ソロのための3つの小品
  • ガーデ/クラリネットとピアノのための幻想小曲集
  • ブラームス/クラリネット・ソナタ 第1番
  • ミヨー/「スカラムーシュ」より”ブラジルの女” (アンコール)
  • シュライナー/だんだん小さく (Immer Kleiner) (アンコール)

マンツは”滅多に1位を出さない”ことで有名なミュンヘン国際音楽コンクール・クラリネット部門で40年ぶりとなる第1位に輝いた。←40年ぶりって!?

その音は豊かで芯がある。また弱音が掠れたりしない。曲によって変幻自在な色を奏でる。

ウェーバーの変奏曲はピアノが独奏する箇所もあり、中々ユニーク。

ペンデレツキはポーランドの作曲家。マンツが「3つのミニチュア」を7年前に演奏した時、評論家から「まるで鳥小屋にいるようだ」と評されたとか。最初は「なんてことを言うんだ!」と呆れたが、翌々考えてみると確かにそんな曲だと思い直した。第1曲は朝~昼の鳥小屋の喧騒。第2曲は静かな夜。第3曲は明け方におじさんが入ってくる。逃げまわる鶏。しかし最後には捕まり、首を捻られ断末魔を叫ぶ。ペンデレツキってこんな面白い曲を書く人なんだ!と驚いた。

シューマンの幻想小曲集は柔らかく、まろやかな音色で開始される。ペンデレツキのクレイジーさとは好対照。第3曲では一転して情熱が迸る。

ストラヴィンスキーは無伴奏作品。

ガーデはシューマンの友人で、シューマンに憧れて幻想小曲集を書いたそう。シューマンは3曲で構成されているが、ガーデはそれにバラードを加え4曲とした。メロディが美しく和声が変化していくので、若い音楽家に人気があるそう。

ブラームスクラリネット・ソナタは2曲あるが、マンツによると第2番はむしろヴィオラで演奏した方がいいとか。第1番 第1楽章 第1主題は寂しく嘆息するイメージを僕は持っていたが、マンツは力強く、激情の表現で朗々と吹いていた。まだ27歳の若い奏者だから、多分今はこれでいいのだろう。第2主題は弱音が繊細。終楽章は華麗だった。

ミヨースカラムーシュは二台のピアノ版、サックス+ピアノ版、そしてベニー・グッドマンの依頼で編曲されたクラリネット+オケ版、クラリネット+ピアノ版などがあるそう。「吹き鳴らす(blow)」感じが気持ちいい。サンバの強烈なリズム、シンコペーションが印象的。

「だんだん小さく」は演奏中にクラリネットの先端から徐々にパーツを切り離し、分解していくという面白い趣向。調べたところ、この逆で「クラリネットを作っちゃった。」(作曲:伊藤康英)という作品もあるらしい。

マンツは最初、一生懸命覚えた日本語で喋ったりして好青年だった。クラリネットという楽器の持つ多様性、その潜在能力がフルに発揮されたプログラムだった。

|
|

« なにわ《オーケストラル》ウィンズから考える、日本の吹奏楽の問題点 | トップページ | オーギュスタン・デュメイ/関西フィル@いずみホール、@ザ・フェニックスホール »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/57225467

この記事へのトラックバック一覧です: セバスティアン・マンツ(クラリネット)@大阪倶楽部:

« なにわ《オーケストラル》ウィンズから考える、日本の吹奏楽の問題点 | トップページ | オーギュスタン・デュメイ/関西フィル@いずみホール、@ザ・フェニックスホール »