« 染丸・文華/繁昌亭昼席 | トップページ | 室内楽の森へ~厳選!これだけは絶対聴いておきたい80曲 その1 »

カンヌ国際映画祭パルムドール&アカデミー外国語映画賞受賞「愛、アムール」

評価:B+

Amour

映画公式サイトはこちら

カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール、さらに米アカデミー外国語映画賞にも輝いた問答無用の作品だ。しかしね、アカデミー賞にはオーストリア代表として出品されたのだが(フランス代表は「最強のふたり」)、舞台はパリで言語はフランス語なのだからインチキじゃない??ちなみに監督のミヒャエル・ハネケはドイツ・ミュンヘン生まれ、現在はオーストリア・ウィーン在住。まあ黒澤明がソヴィエト連邦で撮った「デルス・ウザーラ」を日本代表で出品するようなもんだね(実際はソ連代表としてオスカーを受賞)。

老いとか夫婦愛をしっかり見つめた立派な映画。しかしテーマやプロットは目新しいものではなく、結末も想定内で「これが世間を騒がせるほどの傑作かぁ?」と僕は甚だ疑問に感じた。

正直、ハネケとは「白いリボン」でも相性が悪かったんだよね。

近年アカデミー外国語映画賞を受賞した作品なら、「おくりびと」(日本)とか、「未来を生きる君たちへ」(デンマーク)、「別離」(イラン)等の方が僕は断然好きだな。

史上最高齢(85歳)でアカデミー主演女優賞にノミネートされたエマニュエル・リヴァはアラン・レネ監督「二十四時間の情事」(1959)で有名だが、このフランス語の原題は「ヒロシマ・モナムール」(Hiroshima, mon amour)。正に《アムール女優》だね!

|
|

« 染丸・文華/繁昌亭昼席 | トップページ | 室内楽の森へ~厳選!これだけは絶対聴いておきたい80曲 その1 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/56959731

この記事へのトラックバック一覧です: カンヌ国際映画祭パルムドール&アカデミー外国語映画賞受賞「愛、アムール」:

» 『愛、アムール』 愛という名の依存 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『白いリボン』で悪意の誕生を描いたミヒャエル・ハネケ監督が、次回作では打って変わってAmour(愛)をテーマにした――のだろうか。  「愛」とは美しい言葉だが、ミヒャエル・ハネケ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月22日 (金) 02時10分

« 染丸・文華/繁昌亭昼席 | トップページ | 室内楽の森へ~厳選!これだけは絶対聴いておきたい80曲 その1 »