« クラウドアトラス | トップページ | 「音楽は数学、大バッハの作品は建築物」 【製作者、演奏者が語るいずみホールのオルガン】 »

児玉宏/大阪交響楽団 定期 《忘れられた作曲家たち》

3月14日(木)ザ・シンフォニーホールへ。

児玉宏/大阪交響楽団で、

  • マルトゥッチ/夜想曲
  • ブルッフ/2台のピアノと管弦楽のための協奏曲
  • スヴェンセン/交響曲 第2番

ピアノは山本貴志佐藤卓史

マルトゥッチは夢見るような、マーラー/交響曲 第5番 第4楽章 アダージェットを彷彿とさせる曲想。しかしイタリア人らしく明るい。

ブルッフは元々「管弦楽とオルガンのための組曲」として書かれたものを編曲したもの。第1楽章冒頭部は荘厳で宗教的。しかし途中から一転、音楽は生気を帯びて動き出す。ヴァイオリン協奏曲とかスコットランド幻想曲くらいしか知らなかったこの作曲家に対する印象がガラッと変わった。

ノルウェーのスヴェンセンは「健康的で楽天的なグリーグ」といった感じ。人生を肯定する音楽。児玉さんの指揮は卓越しており、第2楽章はエモーショナルな盛り上がりが素晴らしく、第3楽章は軽やかで躍動し、終楽章はカラフルな音色で雄弁。

初めて聴く曲ばかりだったが、児玉シェフにお任せしていれば何時だって極上の料理が供される。至福の2時間を堪能し、帰途についた。

|
|

« クラウドアトラス | トップページ | 「音楽は数学、大バッハの作品は建築物」 【製作者、演奏者が語るいずみホールのオルガン】 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/57031082

この記事へのトラックバック一覧です: 児玉宏/大阪交響楽団 定期 《忘れられた作曲家たち》:

« クラウドアトラス | トップページ | 「音楽は数学、大バッハの作品は建築物」 【製作者、演奏者が語るいずみホールのオルガン】 »