« 近藤浩志(チェロ)/ピアソラ三昧 | トップページ | エル・グレコ展 »

ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」

12/12(水)兵庫県立芸術文化センター小ホールへ。

Marco

ネストル・マルコーニ(バンドネオン)、三浦一馬(バンドネオン)、フランソワ・キリアン(ピアノ)で、

  • マルコーニ/モーダ・タンゴ(トリオ)
  • バルカルセ/ラ・ボルドーナ(マルコーニ)
  • トロイロ/スール《南》 ラ・ウルティマ・クルダ(マルコーニ)
  • マルコーニ/ロブスタンゴ(マルコーニ)
  • ピアソラ(マルコーニ編)/アストル・ピアソラへのトリビュート
      バンドネオン協奏曲「アコンカグア」より2つのカデンツァ
      天使の死/来るべきもの/デカリシモ/マリアのテーマ
      ブエノスアイレスの夏/アディオスノニーノ
    (マルコーニ)
  • ピアソラ/忘却(三浦&キリアン)
  • ピアソラ/天使のミロンガ(三浦&キリアン)
  • マルコーニ/ティエンポ・エスピラード(三浦&キリアン)
  • ピアソラ/リベル・タンゴ(三浦&キリアン)
  • マルコーニ/グリス・デ・アウセンシア(マルコーニ&三浦)
  • ピアソラ/現実との3分間(トリオ)

アンコールは

  • 作曲者不詳/コラレーラ 
  • ロドリゲス/ラ・クンパルシータ
  • マルコーニ/モーダ・タンゴ

ラ・ウルティマ・クルダ」とは「最後の酔い」という意味だそう。

三浦一馬は1990年生まれ。2006年別府アルゲリッチ音楽祭でマルコーニと出会い、アルゼンチンへ渡る。2008年イタリアで開催された国際アストル・ピアソラ・コンクールで日本人としては初、史上最年少で準優秀を果たす。

師弟共演。その親密さが微笑ましかった。情熱的で攻撃的なピアソラのバンドネオン演奏と比べると、マルコーニは穏やかで落ち着いた感じ。安定感がある。対して三浦くんは若さ故の勢いがあるが、ちょっと危なっかしい面も。

アンコールのラ・クンパルシータは予定になかった曲目で、即興演奏。三浦くんの緊張感がこちらにも伝わってきた。

|
|

« 近藤浩志(チェロ)/ピアソラ三昧 | トップページ | エル・グレコ展 »

シャンソン(歌)、ミュゼット(カフェ)、民族音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/56474240

この記事へのトラックバック一覧です: ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」:

« 近藤浩志(チェロ)/ピアソラ三昧 | トップページ | エル・グレコ展 »