« ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」 | トップページ | 繁昌亭昼席と輪茶々々庵勉強会(1/10) »

エル・グレコ展

国立国際美術館@大阪市へ。

エル・グレコの「受胎告知」はわが郷里・岡山県倉敷市にある大原美術館所蔵なので、幼い頃から親しんできた。しかし彼がギリシャのクレタ島生まれで、ヴェネツィア、ローマを経てスペインに没したという経歴は知らなかった。

今回、気に入った作品を幾つかご紹介しよう。

El5
聖ラウレンティスの前に現れる聖母
(1578-81年、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アンティグア財団、モンフォルテ・デ・レモス)

El3_4
聖母戴冠(1603-05、カリダード施設院、イリェスカス)

El4
聖衣剥奪(1605年、サント・トメ教区聖堂、オルガス)

El1_2
受胎告知(1600年頃、ティッセン=ボルネミッサ美術館、マドリード)

El2
無原罪のお宿り(1607-13,サンタ・クルス美術館寄贈、トレド)

エル・グレコの絵は背景がのことが多いが、人物の衣装にを配することにより、鮮烈な印象を生み出している。また天使がチェンバロやコントラバスを弾き、正に壮大な「天上の音楽」を奏でているのも圧巻だった。

あと「鳩」が光源となり、光と影を生み出しているのが面白いね!

|
|

« ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」 | トップページ | 繁昌亭昼席と輪茶々々庵勉強会(1/10) »

アート・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/56488461

この記事へのトラックバック一覧です: エル・グレコ展:

« ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」 | トップページ | 繁昌亭昼席と輪茶々々庵勉強会(1/10) »