« どっかんBROTHERS ! (12/27) | トップページ | ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」 »

近藤浩志(チェロ)/ピアソラ三昧

12月18日(火)、大阪府池田市にある逸翁(いつおう)美術館内マグノリアホールへ。

近藤浩志(チェロ)、永野沙織(ピアノ)で、アストル・ピアソラ没後20年記念コンサートを聴く。

  • リベル・タンゴ
  • オブリビオン ~忘却~
  • ミケランジェロ'70
  • アディオス・ノニーノ
  • 天使の死
  • ソルダ ~孤独~
  • ル・グラン・タンゴ
  • タンティ・アンニ・プリマ(アベ・マリア) アンコール

近藤さんのピアソラを聴くのは二回目。

この記憶が強烈だったので、どうしてももう一度聴きたいと想った。

すすり泣く「オブリビオン」。魂に直接訴えかけてくる。雄弁。

激情の「ミケランジェロ'70」。真夜中のハイウェイをぶっ飛ばしているような印象。これは当時ピアソラが演奏活動をしていたライブハウスの名前で、実際の作曲は1969年だそう。

亡き父を想う「アディオス・ノニーノ」は胸張り裂けそうな慈しみの音楽。

天使の死」は打楽器的奏法で軽快。

ソルダ」は内省的で、思索の森を彷徨うよう。

そしてロストロポーヴィチの依頼で作曲された唯一のチェロのためのオリジナル曲「ル・グラン・タンゴ」は楽器の性能を最大限に引き出す圧巻の表現力。

タンティ・アンニ・プリマ」とは「昔々」とか「何年も前から」といった意。

期待を裏切らない、大満足のひととき。また機会があれば、近藤さんのピアソラを何度でも聴きたい!

|

« どっかんBROTHERS ! (12/27) | トップページ | ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

シャンソン(歌)、ミュゼット(カフェ)、民族音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/56473820

この記事へのトラックバック一覧です: 近藤浩志(チェロ)/ピアソラ三昧:

« どっかんBROTHERS ! (12/27) | トップページ | ネストル・マルコーニ&三浦一馬「バンドネオン・ヒーローズ」 »