« 大フィル/吹奏楽 meets オーケストラ(丸谷×下野×須川) | トップページ | シリーズ最高傑作!「007 スカイフォール」 »

2012年12月 9日 (日)

ロータス・カルテット&セバスティアン・マンツでブラームス三昧

12/6(木)いずみホールへ。

ロータス・カルテットセバスティアン・マンツで、オール・ブラームス・プログラム。

  • 弦楽四重奏曲 第1番 op.51-1
  • 弦楽四重奏曲 第2番 op.51-2
  • クラリネット五重奏曲 op.115

弦楽四重奏曲は交響曲第1番より前、初期の作品。一方、クラリネット五重奏曲は交響曲第4番以後の晩年の作品なので作風が異なる。この相違については下記記事で詳しく解析した。

上に書いた通り、クラリネット五重奏曲を支配する気分は秋の憂愁諦念なのだが、それは例えばチャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」を貫く絶望虚無感とは異なる。むしろ晩年のブラームスは自分の宿命を受け入れ、穏やかさ、安息感がある。抹茶のようにほろ苦く、味わい深い名曲だ。

ロータス・カルテットは結成20年。第2ヴァイオリン奏者のマティアス・ノインドルフ(元シュトゥットガルト弦楽四重奏団第1ヴァイオリン奏者)以外の3人は日本人女性である。アンサンブルは緻密で水も漏らさぬ印象。先日同ホールで聴いたウィーン弦楽四重奏団の年齢から来る「綻び」とは対照的。雨にそぼ濡れたような、しっとりした音色に魅了された。ただチェロが弱いのが些か気になった。歌心はあるのだが、もっと ー例えばジャクリーヌ・デュ・プレのようなー 激しさとか、力強さが欲しいなと想った。

マンツは”滅多に1位を出さない”ことで有名なミュンヘン国際音楽コンクール・クラリネット部門で40年ぶりとなる第1位に輝いたそうである。←40年ぶりって!?

柔らかく、繊細な音色。抜いた弱音の美しさが際立ち、ゾクゾクした。この人はとにかく、ブレス・コントロールが絶妙である(フルートで言えばエマニュエル・パユがそうだ)。北風に枯れ葉が舞う情景が目に浮かぶようだった。

アンコールは

  • モーツァルト/クラリネット五重奏曲 第2楽章

19時開演で終わってみると21時35分。たっぷりブラームスの世界に浸った。

なおカメラが4台入っており、当日の模様は2/12(火)NHK-BS クラシック倶楽部で放送される予定である。

|
|

« 大フィル/吹奏楽 meets オーケストラ(丸谷×下野×須川) | トップページ | シリーズ最高傑作!「007 スカイフォール」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/56275866

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス・カルテット&セバスティアン・マンツでブラームス三昧:

« 大フィル/吹奏楽 meets オーケストラ(丸谷×下野×須川) | トップページ | シリーズ最高傑作!「007 スカイフォール」 »