« コリリアーノ「ハーメルンの笛吹き」!〜下野竜也/大フィル定期 | トップページ | 第25回全日本マーチングコンテスト(高校以上の部)2012 前編 »

2012年11月18日 (日)

ウィーン弦楽四重奏団@いずみホール

11月14日(水)いずみホールへ。ウィーン弦楽四重奏団を聴く。

  • ハイドン/弦楽四重奏曲 第39番「鳥」
  • ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第16番
  • シューベルト/弦楽四重奏曲 第14番「死と乙女」

第1ヴァイオリンのウェルナー・ヒンクは元ウィーン・フィルのコンサートマスターで御年69歳。高齢なので技術の衰え、綻びは覆い隠せないものがあった。

やはりウィーン・フィルのコンサートマスターを務めたことがあり、2008年にアルバン・ベルク弦楽四重奏団を解散したギュンター・ピヒラーが72歳なので、同世代といえるだろう。引き際は肝心だなと想った。

だからウィーン弦楽四重奏団はヒビの入った骨董品ではあるが、同時にそれはそれなりの年季が入った良さ、味わいがあったのも確かである。

ハイドンベートーヴェンは穏やかで気品がある。たおやかで馥郁たる表現力。節度あるヴィブラートにも好感が持てる。鋭利な刃物のようにモダンだったアルバン・ベルク弦楽四重奏団とは対極にある演奏。

シューベルトも緊張感より親密さ。作曲家自身がそう音楽を愉しんだように、親しいもの同士でホーム・コンサートをしているような雰囲気があった。

アンコールは、

  • ハイドン/弦楽四重奏曲 第77番「皇帝」第3楽章
  • ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲 第12番「アメリカ」第4楽章

ハイドンではウィーンのカフェでウィンナ・コーヒーを飲んでいる気分になり、ドヴォルザークからは花の香りがした。

|
|

« コリリアーノ「ハーメルンの笛吹き」!〜下野竜也/大フィル定期 | トップページ | 第25回全日本マーチングコンテスト(高校以上の部)2012 前編 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/56129914

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン弦楽四重奏団@いずみホール:

« コリリアーノ「ハーメルンの笛吹き」!〜下野竜也/大フィル定期 | トップページ | 第25回全日本マーチングコンテスト(高校以上の部)2012 前編 »