« ミュージカル「ロミオとジュリエット」フランス版来日公演! | トップページ | マウリッツハイス美術館展と「真珠の耳飾りの少女」 »

希望の国

評価:A+

Kibou_2

原発事故後の福島をモチーフにした映画(長島という架空の町が舞台になっている)。津波の被害を受けた宮城県気仙沼市でもロケされている(現地では無料上映されたという)。公式サイトはこちら

主人公の家の庭には一本の木がすっくと立っている。それを見て僕は直ちにロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーの遺作「サクリファイス」を連想した。そして映画の結末まで来て、これは紛れもなく園子温 監督版「サクリファイス」なのだと確信した。ちなみにタルコフスキーの父親はウクライナの著名な詩人であった。そして園子温の肩書きは「詩人・映画監督」である。

武満徹も書いている通り「サクリファイス」にはバッハのマタイ受難曲が流れる。対して「希望の国」で使用されるのはマーラー/交響曲第10番 アダージョだ。これがピタリとはまった。被災地の荒涼とした風景にマーラーの音楽が悲痛な、大地の叫びにように響く。胸にズシンと来た。効果音にこだわった演出も見事だった。

夏八木勲と大谷直子が素晴らしい。こういう典型的「日本の頑固親父」って、すごく久しぶりに見た気がする。なんだか懐かしかった。

想うに福島原発はパンドラの箱だった。3・11でその蓋は開け放たれ、封印されていた災厄が日本中にばら撒かれた。しかし箱の中に最後に希望が残った。園監督は力強く語る。「その希望とは愛だ」と。

エンディングクレジットで初めて監督直筆の「希望の国」という題字がドドーンと登場するのが鮮烈な印象を残す。もしあなたが日本人なら、絶対観るべし。

|
|

« ミュージカル「ロミオとジュリエット」フランス版来日公演! | トップページ | マウリッツハイス美術館展と「真珠の耳飾りの少女」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/56030701

この記事へのトラックバック一覧です: 希望の国:

« ミュージカル「ロミオとジュリエット」フランス版来日公演! | トップページ | マウリッツハイス美術館展と「真珠の耳飾りの少女」 »