« 児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー0番 | トップページ | 米アカデミー賞最有力候補「アルゴ」とベン・アフレックの栄光と挫折 »

オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期+森麻季

9月23日(日)ザ・シンフォニーホールへ。

井上道義/オーケストラ・アンサンブル金沢、森麻季(ソプラノ)で、

  • ベートーヴェン/交響曲 第6番「田園」
    (休憩)
  • グノー/宝石の歌(歌劇「ファウスト」)
  • グノー/小交響曲
  • ヘンデル/オンブラ・マイ・フ(歌劇「セルセ」)
  • ヘンデル/涙の流れるままに(歌劇「リナルド」)
  • モーツァルト/歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」序曲
      ~岩のように動かずに
  • プッチーニ/ムゼッタのワルツ(歌劇「ラ・ボエーム」)
  • 久石譲/スタンド・アローン(日本語版)
  • プッチーニ/私のお父さん(歌劇「ジャンニ・スキッキ」)アンコール

ベートーヴェンは対向配置でピリオド・アプローチ。1st Vn-2nd Vn-Va-Vc-Cbは8-6-4-4-3。快活でリズムが明確。瞬発力がある。第3楽章は獰猛で猪突猛進する演奏。

森麻季さんの歌声は澄んで透明感があり、繊細なヴィブラートが魅力的。

グノーの小交響曲は軽快で愉しい。

「オンブラ・マイ・フ」はpp(弱音)の美しさ。

「涙の流れるままに」はpure toneで清浄感溢れる。

「岩のように動かず」は軽やかなテクニック。

「ムゼッタのワルツ」はコケティッシュでチャーミング。

「スタンド・アローン」がNHK「坂の上の雲」で放送された時はサラ・ブライトマンによる英語詩だったが、今回は日本語。ボレロ風で、心に染み入る名曲だ。

久しぶりに森さんの美しい声を堪能した。

|
|

« 児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー0番 | トップページ | 米アカデミー賞最有力候補「アルゴ」とベン・アフレックの栄光と挫折 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/55968905

この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期+森麻季:

« 児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー0番 | トップページ | 米アカデミー賞最有力候補「アルゴ」とベン・アフレックの栄光と挫折 »