« 延原武春/大フィルのベートーヴェン1番&9番 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー0番 »

映画「天地明察」

評価:B

Ten

「おくりびと」で米アカデミー外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎 監督作品。主演は岡田准一と、宮崎あおい。映画公式サイトはこちら

本屋大賞1位になった冲方丁の原作は読んだが、正直面白くなかった。しかし映画の方は、小説ではイメージしにくい天体観測の場面が具象化され、分かり易かった。

では映画として素晴らしいか?と問われたら首を傾げざるを得ない。大傑作「おくりびと」(筆者の評価はA+)には遠く及ばず、佳作の域を出ない。

出演者たちは各々好演しているが、特に印象を残す者はいない。淡々とした作品である。

僕は滝田監督の「壬生義士伝」(浅田次郎 原作)を救いようのない駄作と考えているのだが、どうもこの人は時代劇が得意じゃないのではなかろうか?「コミック雑誌なんかいらない!」「木村家の人びと」「僕らはみんな生きている」「おくりびと」など滝田監督の代表作は全て現代劇であり、コメディ・タッチが多い。「天地明察」の主人公たちが影の軍団みたいな忍者集団(?)に襲撃される場面は「これは一体、何?」と疑問符が頭の周囲を回った。

「天地明察」で唯一気を吐いたのは久石譲さんの音楽。こちらは文句なし。つまり映画をわざわざ観なくても、サントラCDを購入すれば十分と言えるかも知れない。

|
|

« 延原武春/大フィルのベートーヴェン1番&9番 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー0番 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/55945771

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「天地明察」:

« 延原武春/大フィルのベートーヴェン1番&9番 | トップページ | 児玉宏/大阪交響楽団のブルックナー0番 »