« 新星・山田和樹の「幻想交響曲」!/大フィル定期 | トップページ | 「夢売るふたり」と現代女性監督・演出家事情 »

松尾スズキ 作・演出「ふくすけ」

シアターBRAVA !へ。

Fuku

「ふくすけ」は91年に悪人会議プロデュースとして初演され、98年に再演されたストレートプレイ。薬剤被害で奇形となった少年(阿部サダヲ)が主人公。宗教ビジネスにのめり込んでいく人びと等、マイノリティーの生態を描く。ホテトル嬢(多部未華子)、盲目の女(平岩紙)、義眼の男、レズビアン、躁鬱の女(大竹しのぶ)、吃音の男(古田新太)などが登場。

松尾スズキは作・演出のみならず出演もこなし、八面六臂の活躍。他に出演はオクイシュージ、皆川猿時、小松和重、江本純子ら。

テレビ局の自主規制を嘲笑うがごとく、放送禁止用語のオン・パレード。タブーに挑戦し、演劇の自由さを謳歌する。

ある意味、映画「フリークス(怪物團)」(1932,米)とか、デヴィッド・リンチ監督「エレファントマン」(1980,英・米)を彷彿とさせる雰囲気があり、最後は皆殺しのカタストロフなのだが、観ていて嫌な気分になるとか、絶望感に囚われるということはなかった。

むしろパワフルでバイタリティに溢れ、「人生は祭だ!共に過ごそう」(映画「8 1/2」)と語りかけてくるフェデリコ・フェリーニ監督作品の如く祝祭的気分になる、摩訶不思議な作品であった。帰宅後調べてみると、確かに松尾さんがフェリーニについて言及している文章を発見した→こちら!フェリーニはサーカスや道化師が大好きだった。その精神が「ふくすけ」にも息づいている。

なお、映画「エレファントマン」で使用された楽曲、バーバー/弦楽のためのアダージョが本作でも流れる。さらに僕が大好きな、芥川也寸志が映画「鬼畜」のために作曲したストリート・オルガンによるテーマが登場したのも嬉しかった。音楽の使い方がめちゃくちゃ上手い!

松尾スズキ、大した才人である。

|

« 新星・山田和樹の「幻想交響曲」!/大フィル定期 | トップページ | 「夢売るふたり」と現代女性監督・演出家事情 »

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/55636782

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾スズキ 作・演出「ふくすけ」:

« 新星・山田和樹の「幻想交響曲」!/大フィル定期 | トップページ | 「夢売るふたり」と現代女性監督・演出家事情 »