« 桂文我・林家正雀/玉造・猫間川寄席 | トップページ | 日米それぞれのナショナル・ストーリー・プロジェクト »

桂雀三郎 with まんぷくブラザーズ/真夏の夜の落語と音楽!

8月1日、TORII HALLへ。

  • 桂 雀太/色事根問
  • 桂雀五郎/転失気
  • 桂 雀喜/桃次郎(長坂堅太郎 作)
  • 桂雀三郎/船弁慶
  • 雀三郎 with まんぷくブラザーズ/コンサート

コンサートの曲目は以下。

  • オープニングミュージックコンサートのテーマ
  • やぐら行進曲
  • 反逆者のうた(vs.カーナビ)
  • おばあさんの古時計(「大きな古時計」のパロディ)
  • 江戸の人気者
  • いおうてカポーレ(ロシア民謡調) 新曲
  • ヒアルロン酸ブルース 新曲
  • おばあちゃんのクリスマス 新曲
  • 怖い夜
  • ヨーデル食べ放題
  • それぞれの味
  • そよ風のラブソング
  • 忘れんぼうのサンタ苦労ス

最初にトリイホールの鳥居学社長が袈裟姿でご挨拶。ここ千日前に昔は寺が六つあったが、今は全くなくなってしまった。昨年の8月1日から近所で護摩を焚き始めたが、人からの勧めもあり、思い切って自分で寺を持ち住職になる決意をしたと。いや~、びっくりした。「あんさん、今時(いまどき)のお方やおまへんな」という落語「くっしゃみ講釈」の台詞を想い出した。やっぱり大阪人は面白い。

雀太さんは緩急のリズムが耳に心地よい。

雀喜さんはマクラもネタ(新作)も詰まらん。

コンサートは愉しかった!爆笑に次ぐ爆笑。新曲が3曲も聴けたのが嬉しい。「いおうて(祝うて)カポーレ」はお釈迦様の誕生日、4月8日の「花祭り」をテーマにしている。クリスマス・ソングは沢山あるけど、花祭りの歌ってないよね。考えてみれば確かに不公平な話だ。

落語と歌の両方をたっぷり堪能出来て、お値打ちな会でした。

|
|

« 桂文我・林家正雀/玉造・猫間川寄席 | トップページ | 日米それぞれのナショナル・ストーリー・プロジェクト »

シャンソン(歌)、ミュゼット(カフェ)、民族音楽」カテゴリの記事

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/55377893

この記事へのトラックバック一覧です: 桂雀三郎 with まんぷくブラザーズ/真夏の夜の落語と音楽!:

« 桂文我・林家正雀/玉造・猫間川寄席 | トップページ | 日米それぞれのナショナル・ストーリー・プロジェクト »