« 日米それぞれのナショナル・ストーリー・プロジェクト | トップページ | ダークナイト ライジング »

2012年8月18日 (土)

桂文我 宗助 二人会(8/12)

大阪梅田・太融寺へ。

  • 桂雀五郎/時うどん
  • 桂 宗助/不精の代参
  • 桂 文我/三枚記請
  • 文我&宗助/ネタあれこれ
  • 桂 文我/素麺喰い
  • 桂 宗助/千両みかん

「不精の代参」に登場するのは「えげつない不精」と宗助さん。また文我さん曰く、故・桂枝雀が「あれこそ究極の落語」と言っていたと。

対談では製作費が8千万円かかったという「米朝アンドロイド」の話題も。動きがぎこちないそう。 

素麺喰い」は小三治の速記本に出てくるとか。”素麺道”には初伝・中伝・奥伝があるという、けったいな噺。宗助さんによると毎夏、米朝宅へ箱詰めのそうめんを送ってくる某会社社長さんがいて、板前修業を積んだ経験のある宗助さんですら「業務用でもあんな大きな箱は見たことない」弟子に分けても、夏だけでは食べきれないそう。

千両みかん」は久しぶりに聴いたが、本当によく出来た噺だなと改めて感心した。これはある意味、白昼夢と言えるのではないだろうか。真夏の日差しが強すぎて、ふと心に湧いた出来心。「笑いは緊張の緩和」と論じた桂枝雀の「サゲの4分類」では「変」にあたる。魔がさす瞬間を捉え、人間の狂気を描いた作品。凄みがあった。

|
|

« 日米それぞれのナショナル・ストーリー・プロジェクト | トップページ | ダークナイト ライジング »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/55412446

この記事へのトラックバック一覧です: 桂文我 宗助 二人会(8/12):

« 日米それぞれのナショナル・ストーリー・プロジェクト | トップページ | ダークナイト ライジング »