« 日本テレマン協会 定期演奏会/J.S.バッハの夕べ | トップページ | いずみホール音楽講座 西村朗が案内するクラシック音楽の愉しみ方「フランス音楽のベル・エポック~世紀末からの系譜」 »

桂九雀×小佐田定雄/落語の定九日(6/9)

雀のおやどへ。

Kujaku

落語作家・小佐田定雄さんの作品を桂九雀さんが演じる会。二人による対談もあり。

  • 桂九雀/弓流し(小佐田 作)
  • 桂九雀/淀の鯉(中川清【桂米朝】作・正岡容 加筆・小佐田 補綴)
  • 鈴々舎八ゑ馬/天狗裁き
  • 桂九雀/慶応三年正岡容 作)
  • 桂九雀/雨乞い源兵衛(小佐田 作)

弓流し」は大阪能楽会館で上演された能「屋島」の前座・解説用に、九雀さんの依頼で書かれたたもの。昔は「間狂言(あいきょうげん)」がその役割を担っていたそう。小佐田さんは神、鬼、亡霊など現実世界を超えた存在が主人公(シテ)となる「夢幻能」のことにも触れられた。九雀さんの口演はポンポンと言葉が出てきてリズミカル。

八ゑ馬さんはR-1に出場されたときの短いネタをマクラで披露。「天狗裁き」はフツーで、面白みに欠けた。

淀の鯉」は桂米朝さんが先代・米團治に入門し落語家になる前、作家で寄席演芸研究家・正岡容(まさおかいるる)の門弟”中川清”として執筆したもの。ラジオ放送用らしく、最近米朝宅の引き出しの中から発見されたそう。これは息子の現・米團治さんと、桂吉坊さんも手掛ける予定らしく、それぞれ細かいところは違っているという(米團治さんは原本のまま口演されるとか)。太鼓持ち(幇間)の”一八”や板場(料理人)が登場。ハメモノ(お囃子)がふんだんに取り入れられ、賑やかで愉しい。完成度の高い米朝作「一文笛」と比べると、些か詰め込み過ぎ、未整理の感はあるが十分聴き応えあり。

慶応三年とは1867年で、竜馬暗殺や大政奉還のあった年。今村昌平 監督の映画にもなった「ええじゃないか」運動を題材にしている。70年前の作品とは信じられないようなシュールで奇想天外な噺。「奇人ですな」と小佐田さん。レアな一品。大満足。

雨乞い源兵衛」は故・桂枝雀(九雀さんの師匠)が得意としたネタで、小佐田作品のうち枝雀さんの口演回数が多かったのは1.貧乏神、2.雨乞い源兵衛、3.茶漬えんまだったそう。このネタを演じる弟子は雀々さんとむ雀さんくらいだったが、九雀さんも昨年から取り組み始めたと。

興味深い話も色々伺い、行って良かった会でした。

|
|

« 日本テレマン協会 定期演奏会/J.S.バッハの夕べ | トップページ | いずみホール音楽講座 西村朗が案内するクラシック音楽の愉しみ方「フランス音楽のベル・エポック~世紀末からの系譜」 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/54918667

この記事へのトラックバック一覧です: 桂九雀×小佐田定雄/落語の定九日(6/9):

« 日本テレマン協会 定期演奏会/J.S.バッハの夕べ | トップページ | いずみホール音楽講座 西村朗が案内するクラシック音楽の愉しみ方「フランス音楽のベル・エポック~世紀末からの系譜」 »