« 有田正広/「パンの笛」~ルネッサンスから現代フルートまで歴史をたどる旅 | トップページ | ファミリー・ツリー »

KOTOKO

評価:F

Kotoko

塚本晋也 監督作品。ベネチア国際映画祭において、革新性や斬新さが評価される「オリゾンティ部門」最高賞(グランプリ)を受賞。公式サイトはこちら

初めはノーマークだった。これを観る気になったのは、僕が大好きなドラマ版&映画版「モテキ」の大根仁 監督がTwitterで「今年の最高傑作」と絶賛していたからだ(大根監督は洋画では「ドライヴ」を一押しにされている)。

映画の出来云々をここで論じる気にはならない。とにかくこの作品に対しては嫌悪感しか感じなかった。それに尽きる。理屈じゃない。反吐が出る。映画館で鳥肌が立った。それだけだ。ヒロインを演じたシンガーソングライターのCoccoも大嫌いだ。生理的に受け付けない。

なんだかこのいや~な感じは以前にも体験したな、と考えていたら思い当たった。ラース・フォン・トリアー監督の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000、カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞)だ。以来、トリアー作品は一切観ていない(映画で不快な思いをしたくないし、時間の無駄だ)。考えてみたらあれもシンガーソングライターのビョークが主演・音楽を担当しており、ヒロインは息子と二人暮しのシングル・マザーという点でも両者は似ている。

また、KOTOKOが周囲の音に過敏に反応する塚本監督の演出は、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の二番煎じだと思った。

|
|

« 有田正広/「パンの笛」~ルネッサンスから現代フルートまで歴史をたどる旅 | トップページ | ファミリー・ツリー »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/54795540

この記事へのトラックバック一覧です: KOTOKO:

« 有田正広/「パンの笛」~ルネッサンスから現代フルートまで歴史をたどる旅 | トップページ | ファミリー・ツリー »