« 月亭八天の嘘も誠も都構想! | トップページ | シリーズ《音楽史探訪》その3 交響曲の改革者ハイドン »

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

評価:B+

Help

映画公式サイトはこちら。原題はシンプルに"The Help"

ジョン・F・ケネディやマーティン・ルーサー・キング牧師が活躍していた1960年代。アメリカ南部ミシシッピ州を舞台に、当時未だ根強く残っていた黒人差別問題をえぐり出す。

全米映画俳優組合(SAG)賞ではヴィオラ・デイヴィスが主演女優賞、オクタヴィア・スペンサーが助演女優賞(アカデミー賞も)、そしてアンサンブル・キャスト賞を同時に受賞した。

脚本・監督テイト・テイラー(白人男性)は原作者キャスリン・ストケットと幼馴染だそうだ。白人女性の目から見た黒人問題なので、この手法に異議を唱える人たちも多い。詳しくはこちら→「The Help」への批判

まぁその気持ちも分からないではないが、本作は秀逸な「女性映画」であると僕は太鼓判を押したい。群集劇としてそれぞれの役者が素晴らしい。黒人だけではなく白人女性も生き生きと(ある人物は物凄く憎たらしく)描かれている。これだけ出来の良い(well made)作品にお目にかかれることは滅多にない。

最近パッとしないスパイク・リー(ドゥ・ザ・ライト・シング、マルコムX)など黒人監督たちにも奮起してもらいたいものだ。

|
|

« 月亭八天の嘘も誠も都構想! | トップページ | シリーズ《音楽史探訪》その3 交響曲の改革者ハイドン »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/54403952

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルプ ~心がつなぐストーリー~:

« 月亭八天の嘘も誠も都構想! | トップページ | シリーズ《音楽史探訪》その3 交響曲の改革者ハイドン »