« 桂九雀/噺劇一座「文違い」「おせつ徳三郎」 | トップページ | 丸谷明夫(特任教授)指揮!/大阪音楽大学 吹奏楽演奏会(創立100周年プロジェクト) »

文珍・市馬二人会/第二十回朝日東西名人会

3月1日(木)シアター・ドラマシティへ。朝日東西名人会はこれが最終回だそうである。

出囃子の笛を担当したのは笑福亭喬若さん。彼の落語は面白くないが、笛は滅茶苦茶上手い。プロ級の腕前。

  • 桂阿か枝/千早ふる
  • 桂 文珍/新版・豊竹屋
  • 柳亭市馬/富久
  • 柳亭市馬/雛鍔(ひなつば)
  • 桂 文珍/猿後家

文珍さんはスマートフォンやiPadの話題から、指で拡大する癖が付き、ついついテレビにもしてしまうと言って開場の笑いを誘う。そして北島三郎さんのコンサートに行った話題へ。さらに吉田拓郎の「ガンバラナイけどいいでしょう」や「フキの唄」の歌詞を紹介し、「キテル!」と。さだまさし、由紀さおりの名前も飛び出し、実に愉快なマクラであった。また市馬さんの歌について、「はっきり言って落語より上手い」と。確かに!

新版・豊竹屋」は舞台を現代に移し、「文楽茶屋」が登場。

市馬さんは小学校2年生の時、学校で三橋美智也の「哀愁列車」を歌ったそう。惚れ惚れするようないい声!落語はフツーだけど、歌だけで満足、満足。

師匠・文枝が得意とした「猿後家」について文珍さんは「燃料効率が悪いネタ。(稽古で)苦労する割りに笑いが少ない」と。でも十分聴き応えのある、充実した高座だった。

|
|

« 桂九雀/噺劇一座「文違い」「おせつ徳三郎」 | トップページ | 丸谷明夫(特任教授)指揮!/大阪音楽大学 吹奏楽演奏会(創立100周年プロジェクト) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/54154575

この記事へのトラックバック一覧です: 文珍・市馬二人会/第二十回朝日東西名人会:

« 桂九雀/噺劇一座「文違い」「おせつ徳三郎」 | トップページ | 丸谷明夫(特任教授)指揮!/大阪音楽大学 吹奏楽演奏会(創立100周年プロジェクト) »