« 笑福亭福笑 たま/たった二人の一門会 | トップページ | 文珍・市馬二人会/第二十回朝日東西名人会 »

2012年3月 3日 (土)

桂九雀/噺劇一座「文違い」「おせつ徳三郎」

道頓堀ZAZAへ。

Hanashi

  • 桂九雀/道具屋
  • 噺劇「文違い」
  • 噺劇「おせつ徳三郎」
  • 総おどり

噺劇(はなしげき)前回の感想はこちら。要するに落語を演劇の形式で見せる。着物を着て演じ、小道具は落語で用いる扇子と手拭のみ。背景なし。お囃子付き。

「この会の首謀者です」と言いながら登場した九雀さんは前説で「落語は聴き手の想像力の助けを必要とする、つまりアホに聴かせても無駄な芸です」と。確かに!

道具屋」は藤子・F・不二雄が登場したり独自の工夫、くすぐりがふんだんにあり。

今回は芝居噺がなかった為か、歌舞伎的様式美よりも大衆演劇に寄り添ったいう印象を受けた。若干物足りなさも感じたが、それはそれで分かりやすく、面白く観ることが出来た。

特に「おせつ徳三郎」の最後はZAZAのある道頓堀に場面が移るので、臨場感があった。

紅萬子さんはさすがの貫禄。青野敏行さんは活舌が悪いが、その人徳に魅せられた。

総おどりは「桃太郎」と「かっぽれ」。賑やかで愉しい会だった。

|
|

« 笑福亭福笑 たま/たった二人の一門会 | トップページ | 文珍・市馬二人会/第二十回朝日東西名人会 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/54127259

この記事へのトラックバック一覧です: 桂九雀/噺劇一座「文違い」「おせつ徳三郎」:

« 笑福亭福笑 たま/たった二人の一門会 | トップページ | 文珍・市馬二人会/第二十回朝日東西名人会 »