« ALWAYS 三丁目の夕日'64 (3D) | トップページ | 「魔法少女まどか☆マギカ」を語ろう! »

2012年3月12日 (月)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE)

評価:A

Extremely_loud_

アカデミー作品賞にノミネートされた。公式サイトはこちら

元々アスペルガー症候群(軽度自閉症)があり、さらに父親(トム・ハンクス)を9・11で失った為、PTSD(心的外傷後ストレス障害)も患った少年の再生を描く作品である。

痛ましい映画だ。途中、少年は自傷癖もあることが明らかになったりもする。

しかし3・11を体験し、やはりPTSDに陥った我々日本人にも共感できる物語だと言えるだろう。映画館の暗闇の中、あちらこちらからすすり泣く声が聞こえた。

次第に少年の心は人々との交流で癒されていき、最後には希望が残る。だから後味も決して悪くない。お勧め。脚色は「フォレスト・ガンプ」「アポロ13」「ベンジャミン・バトン」のエリック・ロス。

「リトル・ダンサー」でも感じたことだが、スティーヴン・ダルドリー監督は少年を演出するのが上手いなぁ。ほとほと感心した。また母親役のサンドラ・ブロックがいい味出している。僕は昔この人が嫌いだったけれど、年取ってすごく良くなった。

|
|

« ALWAYS 三丁目の夕日'64 (3D) | トップページ | 「魔法少女まどか☆マギカ」を語ろう! »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/54186894

この記事へのトラックバック一覧です: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE):

« ALWAYS 三丁目の夕日'64 (3D) | トップページ | 「魔法少女まどか☆マギカ」を語ろう! »