« リアル・スティール | トップページ | 桂南光・こごろう/動楽亭昼席(1/5) »

2012年1月 5日 (木)

繁昌亭 新春特別興行(1/3)

繁昌亭へ。新春公演 第3回、午後6時開演。

Haru1

Haru2

  • 林家染左/つる
  • 笑福亭生喬/隣の桜(鼻ねじ)
  • 林家染ニ/替り目
  • 内海英華/女道楽
  • 林家染丸/ふぐ鍋
  • 桂 文三/十徳
  • 月亭八方/AKO47〜新説赤穂義士伝〜(八方 作)
  • 全員/住吉踊り

生喬さんはいけずな関学の先生に味があった。

染二さんは独自の工夫が。

英華さんは正月らしく結い髪で登場。ネタも正月仕様。

ふぐ鍋」と言えば吉弥・よね吉など吉朝一門で馴染み深いが、調べてみると元々は三代目林家染丸が得意としたネタで、四代目(現)染丸が染二を名乗っていた頃、吉朝に教えたのだそう。本家本元が聴けて良かった!はんなりした芸。

文三さんはこの日、繁昌亭への出番前に東京・品川プリンスホテルで「世界のナベアツ」改め桂三度さんの初高座となる落語会へ出演されたと。三度さんは何と自作(「お出かけ」)を披露したとか。初舞台が創作落語というのがすごい。そして入門してまもなく師匠・文枝のテープで覚えたという「十徳」へ。高い声で陽気な一席。

八方さんの新作を聴くのはこれが二回目。忠臣蔵とAKB48をミックスしたパロディでアイディアが秀逸。これは傑作!ほんまおもろいわ。

住吉踊りの内容は、染雀/六歌仙→八方(踊り)染丸(吟)/黒田節→染二(ボケ)八方(ツッコミ)/二人踊り「相惚れ」(喧嘩かっぽれ)→かっぽれ総踊り。正月らしく賑やかで、華やいだ気持ちになれた。

|
|

« リアル・スティール | トップページ | 桂南光・こごろう/動楽亭昼席(1/5) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/53646885

この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭 新春特別興行(1/3):

« リアル・スティール | トップページ | 桂南光・こごろう/動楽亭昼席(1/5) »