« 披瀝「グラズノフとプフィッツナー」 I ~児玉宏/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 桂吉朝七回忌追善落語会 »

旭堂南湖/「祝島 原発反対三十年」→笑福亭たま/ナイトヘッド

11月26日(土)動楽亭へ。

N1

講談師・旭堂南湖さんのひとり会。客の入りは9人。

Nanko2

  • 柳田格之進
  • 祝島 原発反対三十年(南湖 作)

南湖さんは上方講談協会の席で「将来は定席の講釈場を作りたい」という夢を語ると、兄弟子たちから「ムリ!」と一言で片付けられたと。

柳田格之進」については下記をご参照あれ。

Nanko1

上のポスターはファンの人が描いて、当日持って来てくれたものだそう。

日本では「反核」とか「脱原発」など言葉が別れているが、英語では"No Nukes"で一つだというマクラから二席目のネタへ。

山口県上関町にある「祝島」は瀬戸内海に浮かぶ小さな島。名前の由来は古代以来の神職の名称の一つ、”祝部(ほうりべ)”(=航海の無事をひたすら祈った)から来ている。 近海を小型のイルカ”スナメリ(砂滑)”が泳ぎ、海の恵みで漁業を営んできた(発掘された出土品から、弥生時代から漁業を営んでいた形跡があるという)。この地のことは万葉集にも歌われている。

戦後の最盛期には5000人いたとされるが過疎化が進み、現在は500人。65歳以上が69%以上を占める。

そんな島に中国電力が原発を建設しようと計画した経緯、賛成派と反対派に島が二分されて対立してきた30年間の歴史などを、わかり易く語られた。知らないことばかりで、大変興味深く傾聴。

なおこのネタは、来年3月16日にワッハ上方でも演じられる模様。詳しくは→南湖さんのHPへ。

続いて繁昌亭レイトショーへ。

  • 笑福亭生寿/平林
  • 笑福亭たま/子は鎹
  • 笑福亭由瓶/お楽しみ券(由瓶 作)
  • 福亭たま/新作ショート落語→薄命(たま 作)

たまさん曰く「この会は好事家が集う実験場」。毎回新作が披露されるが、「これは!と言える出来の作品は1年に1作くらい」。それはこちらも承知の上で、毎回愉しませて貰っている。

子は鎹」は湿っぽさがない、カラッとした一席。生意気小僧がいい。

人から「ケチ」とか「田舎もの」と言われるのが大嫌いという先輩・由瓶さんについてたまさんは、「パワフル」「思い込みが激しい」「何となく(由瓶さんのことを)嫌だった時期があって、しばらく連絡をしていなかったんです。そうしたら携帯のメモリを消されていました」これには場内爆笑。

逆に由瓶さんは才能豊かなたまさんのことをずっと「片思い」していたそうで、「彼には一匹狼でいてほしい。僕以外の他人と口を聴かないで欲しい。新作ネタおろしの会『できちゃったらくご!』なんかやめて欲しい」と。「おたしみ券」は一本調子で、設定が不自然。特に「文七元結」を引用した、橋から飛び降りようとする男を引き止めるくだりは、夜だからこそ説得力があるのであって、昼に変えちゃぁ駄目でしょう。

たまさんの新作ショート落語は「冬のファッション」「ナベツネ」シリーズなどがあり、なかなか秀逸だった。

|
|

« 披瀝「グラズノフとプフィッツナー」 I ~児玉宏/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 桂吉朝七回忌追善落語会 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/53347417

この記事へのトラックバック一覧です: 旭堂南湖/「祝島 原発反対三十年」→笑福亭たま/ナイトヘッド:

« 披瀝「グラズノフとプフィッツナー」 I ~児玉宏/大阪交響楽団 定期 | トップページ | 桂吉朝七回忌追善落語会 »