« 笑福亭たま/デジタル・ヘッド寄席 〜今年のナイトヘッドを振り返って〜 | トップページ | 繁昌亭 新春特別興行(1/3) »

リアル・スティール

評価:D

映画公式サイトはこちら

巷の評判が良かったから観に行ったのだけれど、極めて退屈だった。どうも僕はロボットの格闘物には全く興味がないみたい。「トランスフォーマー」も全然面白くなかったし。

落ちぶれたボクサーが再起するのを描く映画はよくあるが、本作ではそれをロボットに代行させるのがミソ。さらに映画「チャンプ」(1979)の父子愛を盛り込んだ。外装は一見異なるが、中身は結局、通俗的で新鮮味がない。また主人公の少年が良い子過ぎて白けるし、ムカつく。こんなガキ、いねーよ。以上。

|
|

« 笑福亭たま/デジタル・ヘッド寄席 〜今年のナイトヘッドを振り返って〜 | トップページ | 繁昌亭 新春特別興行(1/3) »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/53616573

この記事へのトラックバック一覧です: リアル・スティール:

« 笑福亭たま/デジタル・ヘッド寄席 〜今年のナイトヘッドを振り返って〜 | トップページ | 繁昌亭 新春特別興行(1/3) »