« ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル | トップページ | 2011年公開の映画ベスト27 »

50/50 フィフティ・フィフティ

評価:B+

5050

映画公式サイトはこちら

5年生存率が50%という脊髄の癌を宣告された27歳の青年の話。主人公を「(500)日のサマー」「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィットが好演。

脚本家(ウィル・レイサー)の実体験がもとになっており、主人公の悪友(セス・ローゲン)は実際に脚本家の友人で闘病をサポートしたそう。だからリアリティがある。パーティに連れ出し「『僕が癌だ』と告白しろよ、そうすれば同情されて女とやれる」などと助言するとんでもない奴で笑える。コメディ・タッチで深刻ぶらない所がいい。

主人公を担当するセラピストが24歳で、患者を診るのが3人目というのも可笑しい。演じるアナ・ケンドリックがすごくチャーミング。

死を見つめることにより、生の輝きを実感する映画である。必見。

|
|

« ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル | トップページ | 2011年公開の映画ベスト27 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/53593523

この記事へのトラックバック一覧です: 50/50 フィフティ・フィフティ:

« ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル | トップページ | 2011年公開の映画ベスト27 »