« 大阪国独立の夢 | トップページ | 第24回全日本マーチングコンテスト(高校以上の部)2011 後編 »

寺神戸亮&大内山薫/バロック・ヴァイオリン・デュオ

11月18日(金)、大阪府豊中市にあるノワ・アコルデ音楽アートサロンへ。

Tera2

Tera4

寺神戸亮(てらかどりょう)さんは言わずと知れたバロック・ヴァイオリンの世界的名手。以前聴いた感想は下記。

大内山薫(おおうちかおる)さんはオランダのデン・ハーグ王立音楽院に2年間留学し、そこで寺神戸さんに師事した。

その師弟によるデュオ・リサイタルである。

Tera1

  • ヴィヴァルディ/二つのヴァイオリンのためのソナタ RV48
  • ラモー(ラベ・ル・フィス編)/オペラの抜粋による組曲
  • ルクレール/二つのヴァイオリンのための通奏低音を伴わないソナタ 第5番
  • モーツァルト/二つのヴァイオリンのための組曲
    オペラ「魔笛」より
    (1792年の編曲版に基づく)

ガット弦を張ったバロック・ヴァイオリンは滑らかな音色のモダン楽器(スチール弦)と異なり、雑味があり倍音が豊か。朴訥で木目の肌触り。

村上春樹の小説「ノルウェイの森」で”直子”はビートルズの音楽について次のように語る。

この曲を聴くと深い森の中で迷っているような気分になるの。どうしてだかわからないけど。

寺神戸さんの演奏を聴いていると、これと同じような感覚になる。

ヴィヴァルディはまさに、二つの楽器の対話であった。

ラベ・ル・フィスは1759年にヴァイオリンの教則本を書き、そこに収録されているのがラモーのオペラ「ピグマリオン」「プラテー(カエルの女王)」「イポリートとアリシー」「優雅なインドの国々」からの抜粋。ヴァイオリンは野太い音で雄弁。

ルクレールの音楽は劇的で美しい。深い感銘を受けた。

ここでバロック弓から、より現代に近い弓へ持ち替えられた。

モーツァルトの「魔笛」は作曲家の死後、家庭で愉しむ目的で他者によって編曲され、出版されたもの。しかし、序曲・導入部・パ、パ、パ(二重唱)の楽譜は存在しなかったので、寺神戸さんが凝った編曲をされた。ふたりの演奏は丁々発止のやり取りで、息が合ったところを聴かせてくれた。

アンコールはJ.S.バッハ/2声のインベンション、3声のシンフォニアより第8番だった。

|
|

« 大阪国独立の夢 | トップページ | 第24回全日本マーチングコンテスト(高校以上の部)2011 後編 »

古楽の愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/53278839

この記事へのトラックバック一覧です: 寺神戸亮&大内山薫/バロック・ヴァイオリン・デュオ:

« 大阪国独立の夢 | トップページ | 第24回全日本マーチングコンテスト(高校以上の部)2011 後編 »