« 菊池洋子/エラール・ピアノで弾くシューマンとリスト | トップページ | ヴィスコンティ映画「ベニスに死す」の謎 »

2011年10月15日 (土)

福笑、三喬、生喬、たま/テーマ落語会 〜命にかかわる落語特集〜

10月7日(金)、繁昌亭へ。

Fuku2

  • 笑福亭たま/ストーカー(たま 作)
  • 笑福亭福笑/大統領の陰謀(福笑 作)
  • 笑福亭三喬/がまの油
  • 笑福亭生喬/犬の目
  • 笑福亭福笑/ジャンプ!(福笑 作)

Fuku

ストーカー」はヒッチコックの映画「裏窓」を彷彿とさせる場面も。このモダニズムこそ、たまさんの真骨頂。

大統領の陰謀」は意表を突いて原発の噺だった。

三喬さんは「一年で一番嫌な日が来ました」「福笑師匠には『ヌーに生まれなくて良かった』という面白いマクラがあるので、是非ご一聴を」と。へぇ、面白そう。またテレビショッピングの歴史は1971年から始まったそう。それを見て「ど忘れ辞典」を購入した某噺家のエピソードも。

犬の目」は狂犬病に罹った「コンドルのジョー」が登場し、生喬さんが座布団相手に格闘するという意外な展開に。驚いたけれど、最後は収拾がつかなくなった印象。以前聴いた「トラうどん」でも感じたのだが、彼はこういうアレンジが得意でないみたい。

今回、一番笑ったのが「ジャンプ!」バンジー・ジャンプの噺。主義主張はない。「意味がないのが最高なんだ」という事実を改めて確認した。

|
|

« 菊池洋子/エラール・ピアノで弾くシューマンとリスト | トップページ | ヴィスコンティ映画「ベニスに死す」の謎 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52933766

この記事へのトラックバック一覧です: 福笑、三喬、生喬、たま/テーマ落語会 〜命にかかわる落語特集〜:

« 菊池洋子/エラール・ピアノで弾くシューマンとリスト | トップページ | ヴィスコンティ映画「ベニスに死す」の謎 »