« フレンチ・ミュージカル「ロミオ & ジュリエット」ダブルキャスト/ダブル観劇 | トップページ | 菊池洋子/エラール・ピアノで弾くシューマンとリスト »

桂九雀/噺劇一座「星野屋」「文七元結」

道頓堀ZAZAへ。

Hanashi

噺劇(はなしげき)を観る。これは落語家・桂九雀さんの創作で、以前は噺劇(しんげき)と呼ばれていたが、今回から読み方が変わった。僕は前の響きの方が好き。

過去に観た噺劇の感想は下記。

今回の演目(10月10日 16時の部)は、

  • 青野敏行、戸田都康/前説
  • 噺劇「星野屋」
  • 桂 九雀/落語「親子酒」
    (仲入り)
  • 桂 九雀/解説
  • 噺劇「文七元結」
  • 総おどり

九雀さんの解説によると「星野屋」は江戸にも上方にも噺が残っているが、江戸版は母親が手元に残すのが三両で、上方は五両。「上方の方がケチなんです」と。なるほど。昔は「五両残し」という(ネタ帳に噺家が記載するための)演題だったが、それでは事前に「ネタ出し」する会ではサゲ(落ち)が客にばれてしまうので、近年「星野屋」と呼ばれるようになったそう。

落語一席については九雀さんが「ツイッター上でリクエストしてもかまわない」とつぶやいておられたので、そうしてみた。僕が希望したのは今まで聴いたことがない超古典落語「これこれ賭博」「おろち山」、あるいは考古学落語「縄文さん」「埴輪盗人」、そして小佐田定雄さんの新作「A型盗人」。しかしマニアックなものを狙ってしまい、落語ファンが少ない(演劇関係者が多い)この会には相応しくないと判断されたのか、不採用だった。残念だが、こればかりは仕方ない。

親子酒」に登場する親子の苗字が「前田さん」。これは九雀さんの師匠・桂枝雀(本名:前田達)のことを示しているのだろう。オーソドックスな演出。この日、12時開演の公演では意外なサゲの「抜け雀」をされたそうで、そちらの方が聴きたかったな。

以前観た噺劇と比べると、今回は黒子(黒衣)が殆ど登場せず、歌舞伎的様式美が薄まって、その分大衆演劇に近づいた印象。それにしても九雀さんが脚色した台本は相変わらず上手く、特に「文七元結」はこんなに面白い話だったっけ?というくらい何度も笑った。役者がいいし、下座の鳴り物(笛・太鼓・三味線)も実に効果的。落語をこうした形式で改めてみるととても新鮮。是非また観たい。でも、黒子はもっと活用した方がいいと想います。

また今回、芝居という形で「文七元結」を観て初めて気が付いたことがある。この人情噺は三遊亭圓朝の創作。「芝浜」も圓朝作と言われているが、この二作品は一対の物語になっているのである。「芝浜」では大酒飲みの主人公がある日、魚河岸で財布を拾うところから物語が始まる。中に入っていたのは五十両(演者により金額が異なる場合あり)。「文七元結」の場合は逆パターンで、主人公が橋で身投げしようとした若い男に五十両入った財布を(名乗らずに)与えてしまう。そしてどちらの噺もそれから色々あって、最終的に主人公は自分の業(酒/博打)を克服するのである。何と鮮やかなシンメトリーだろう!

この発見に僕を導いてくれた九雀さんに心から感謝したい。

|
|

« フレンチ・ミュージカル「ロミオ & ジュリエット」ダブルキャスト/ダブル観劇 | トップページ | 菊池洋子/エラール・ピアノで弾くシューマンとリスト »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52959222

この記事へのトラックバック一覧です: 桂九雀/噺劇一座「星野屋」「文七元結」:

« フレンチ・ミュージカル「ロミオ & ジュリエット」ダブルキャスト/ダブル観劇 | トップページ | 菊池洋子/エラール・ピアノで弾くシューマンとリスト »