« アカデミー外国語映画賞・日本代表作「一枚のハガキ」 | トップページ | 映画「モテキ」 »

2011年9月30日 (金)

やっぱり児玉宏のブルックナーはどえらいわ!/大阪交響楽団 定期

9月28日(水)、ザ・シンフォニーホールへ。

Kodama

児玉 宏/大阪交響楽団で、

  • モーツァルト/交響曲 第39番
  • ブルックナー/交響曲 第4番「ロマンティック」
    第二稿(ノヴァーク1878/80)

贅肉をそぎ落とし、引き締まったモーツァルト。音尻はスッと減衰し、清々しい。

児玉さん得意のブルックナーは推進力に満ち、動的。第1楽章の弦のトレモロ(ブルックナー開始)では繊細な音が奏でられ、ホルン・ソロはゆったりとしたテンポ。しかしトゥッティ(tutti、総奏・全合奏)に至ると一転、スピード・アップ!実にスリリング。第2楽章アンダンテでも決して遅過ぎず、第3楽章「狩の情景」ではあたかも鹿がしなやかに跳ねるが如し。そして決然として厳粛な第4楽章。低い重心の音のピラミッド。天を衝く金管が圧巻であった。

余談だが、児玉シェフが解説(→こちら!)に書いている、第1楽章冒頭のホルンによる第1主題は、

Ich komme hin, wo Du nun bist !
( 私は行きます、貴方のいらっしゃるところへ!)

と本当にそう聴こえた!これは新鮮な発見であった。

|
|

« アカデミー外国語映画賞・日本代表作「一枚のハガキ」 | トップページ | 映画「モテキ」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52867060

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり児玉宏のブルックナーはどえらいわ!/大阪交響楽団 定期:

« アカデミー外国語映画賞・日本代表作「一枚のハガキ」 | トップページ | 映画「モテキ」 »