« 延原武春/大フィルの「軍隊」「運命」《ウィーン古典派シリーズ V 》 | トップページ | 下野竜也/大フィルのブルックナー交響曲 第2番 »

ノルウェイのピアニスト・アンスネス来日と村上春樹

兵庫県立芸術文化センターへ。

An

ノルウェイのピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネスを聴く。実は彼のことを初めて知ったのは村上春樹さん のエッセイにおいてだった。「意味がなければスイングはない」(文春文庫)で村上さんはシューベルト/ピアノソナタ第17番を取り上げ、所有する15種類の演奏(LP,CD)を 比較し、アンスネスを第一に推した。

考えてみたら「ノルウェイの森」の作者が、ノルウェイのピアニストを推すというのも面白い。このエッセイを読んでアンスネスが弾くシューベルトのCDを購入したが、静謐な叙情をたたえた目の醒めるような演奏だった。テクニックも的確。

今回のプログラムは、

  • ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」
  • ブラームス/4つのバラード
  • ショパン/バラード 第3番
  • ショパン/ワルツ 第13番、第7番、第11番、第5番
  • ショパン/夜想曲 第17番
  • ショパン/バラード 第1番

正確無比。そのタッチは瑞々しく、水面を跳ねる飛魚を連想させる。活きがいい。曖昧さは皆無で、透明感が感じられた。ショパンは華麗というより精緻。また最弱音(pp)の美しさが際立つ。逆に、「ワルトシュタイン」の第3楽章には男性的でパワフルだった。

シューマンがライン川に投身自殺を図った年に書かれたブラームスの「バラード」第1曲はまるで弔いの鐘のような響きがする。第2曲には憧憬、思慕の念が感じられる。それはクララ・シューマンへの想いだろうか?第3曲「間奏曲」は激情が走り、苦悩に満ちている。一転して中間部では天国的な美しさ!第4曲はシューマンを連想させる浪漫的曲想に始まり、中間部ではブラームスらしい内省的音楽に。中々渋い、いい曲だった。

アンコールは、

  • ショパン/前奏曲 op. 28-17

聴いた瞬間、「これでは絶対に終わらない!」と確信した。だってアンスネスはノルウェイのピアニストだから。

そして案の定、続けて2曲を演奏してくれた。

  • グリーグ/ノルウェイの農民行進曲(「抒情小曲集」より)
  • グリーグ/春に寄す(「抒情小曲集」より)

農民行進曲は左手の担当するリズムが堅固で力強い。そして待ちわびた春への憧れに満ちた美しい楽曲へ。陶酔した。ピバ!北欧。

41歳の若き巨匠アンスネス、また聴きたいピアニストである。次回は是非、グリーグ中心で。

|
|

« 延原武春/大フィルの「軍隊」「運命」《ウィーン古典派シリーズ V 》 | トップページ | 下野竜也/大フィルのブルックナー交響曲 第2番 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52774735

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェイのピアニスト・アンスネス来日と村上春樹:

« 延原武春/大フィルの「軍隊」「運命」《ウィーン古典派シリーズ V 》 | トップページ | 下野竜也/大フィルのブルックナー交響曲 第2番 »