« 大植英次「青少年のためのコンサート」2011! ~大地への讃歌~ | トップページ | 三枝・染丸・鶴笑・文三/東日本復興を祈る特別公演「ささえよう日本」 »

2011年9月 3日 (土)

桂雀三郎の「G&G」落語と映画の会

8月28日繁昌亭へ。

Gg

Gg2

  • 桂 雀太/道具屋
  • 林家染二/井戸の茶碗
  • 桂雀三郎/G&G(小佐田定雄作)
    仲入り
  • 映画「G&G」上映
  • トークショー(小佐田、雀三郎、染二、雀喜、松井公一 監督)

雀太くんはそつなく。

染二さんは軽妙でからっとした高座。

雀三郎さんは開口一番「本職は歌手です」と。小佐田さんの新作は中の下くらいの出来。でも途中、ギター片手に雀さんが数曲歌ってくれて、それがすこぶる愉しい。

短編デジタルシネマは殆ど「G&G」が原作とは言えない、しょーもない人情噺。主演・雀三郎さんの役柄は飲んだくれの売れない噺家。最後は周りの人たちの努力で独演会が実現するのだが、その会場の外観が繁昌亭(216席)で、中身が縦長の「雀のおやど」(収容人数50~60人くらい)。「キャパが全然違うやん!」と突っ込みを入れた。ヒロイン(重定礼子も)も魅力なし。似たようなプロットなら、桂あやめ監督「あなたのためならどこまでも」の方が、断然センスがあると想った。

なお小佐田さん談によると雀三郎さんの役名「舌切亭雀右衛門」は明治期まであった亭号だそうである。その弟子(雀喜)の名前が「 舌切亭すぱ郎」というのが洒落ている(小佐田さん命名)。

染二さんはオカマ役が意外と(?)似合っていた。座談会で雀三郎さんが染二さんに「お前のラインが気に入った!」と言うと、すかさず「ゲイではなく芸を褒めて欲しい」と切り返し、場内は爆笑に(映画よりこちらの方が面白かった)。

また野本有流さん(歌)と土井淳さん(アコーディオン)による主題歌の生演奏もあった。

|
|

« 大植英次「青少年のためのコンサート」2011! ~大地への讃歌~ | トップページ | 三枝・染丸・鶴笑・文三/東日本復興を祈る特別公演「ささえよう日本」 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52595530

この記事へのトラックバック一覧です: 桂雀三郎の「G&G」落語と映画の会:

« 大植英次「青少年のためのコンサート」2011! ~大地への讃歌~ | トップページ | 三枝・染丸・鶴笑・文三/東日本復興を祈る特別公演「ささえよう日本」 »