« 音楽の神様は舞い降りた! 「大阪クラシック2011」3日目〜大植英次/大フィルの尾高尚忠とショスタコーヴィチ | トップページ | 「大阪クラシック2011」5日目/大植英次 特別企画「名曲の隠された事実」 »

2011年9月 9日 (金)

「大阪クラシック2011」4日目/調理場のレビュー

9月7日(水)、相愛学園本町講堂へ。

「大阪クラシック」第45公演。

O1

出演はヴァイオリン:三瀬麻起子 チェロ:近藤浩志 オーボエ:大森悠 クラリネット:ブルックス・トーン ファゴット:宇賀神広宣 トランペット:秋月孝之 ピアノ:仲香織 

曲目は、

  • ハイドン/シンフォニー・コンチェルタンテ(協奏交響曲)
  • マルティヌー/調理場のレビュー

ハイドンの協奏交響曲は元々オーケストラ伴奏なのを、今回はピアノ版で。ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、ファゴット、ピアノという編成。

続くマルティヌーは20世紀チェコの作曲家。「調理場のレビュー」は1927年パリ時代に、寸劇のために書かれた作品だそう。調理器具たちが主人公で、鍋と蓋が喧嘩して、最後には仲直り……といった物語だとか。

O3

コスプレによる演奏というのが「大阪クラシック」ならではの愉しさ。

大森さんの解説によると、大阪クラシックでは比較的マルティヌーが取り上げられる機会が多く、その理由として次の2点が挙げられると。

  1. 作品数が沢山あり、編成も色々ある。どうせアンサンブルするなら気の合った仲間としたいから、楽器の変則的組み合わせというニーズに応えてくれる。
  2. メジャーな作曲家ではないので、有料公演でプログラムに取り入れても、お客さんにアピールしにくい。その点無料公演の「大阪クラシック」ではやり易い。

O4

I プロローグ(行進曲風に) II タンゴ III チャールストン IV フィナーレ という構成。

楽器編成はヴァイオリン、チェロ、クラリネット、ファゴット、トランペット、ピアノ。

親しみ易く、陽気で愉快な曲。タンゴなんかは滑稽なおかしみもある。珍しいものが聴けてとても良かった。

|
|

« 音楽の神様は舞い降りた! 「大阪クラシック2011」3日目〜大植英次/大フィルの尾高尚忠とショスタコーヴィチ | トップページ | 「大阪クラシック2011」5日目/大植英次 特別企画「名曲の隠された事実」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52673494

この記事へのトラックバック一覧です: 「大阪クラシック2011」4日目/調理場のレビュー:

« 音楽の神様は舞い降りた! 「大阪クラシック2011」3日目〜大植英次/大フィルの尾高尚忠とショスタコーヴィチ | トップページ | 「大阪クラシック2011」5日目/大植英次 特別企画「名曲の隠された事実」 »