« テーマは3!〜大植英次/大フィル 定期 | トップページ | Shall We ダンス!~大阪交響楽団 定期 »

林家のご先祖様の落語会

繁昌亭へ。

Haya

パンフレットによると、林家の系図は下のようになる。

  • 林家玉蘭ー林家蘭丸
  • 初代正三ー初代菊丸ー二代菊丸 ー初代花丸
                          |
                                                   ー初代染丸

蘭丸の作として「天下一浮かれの屑より」(紙屑屋)、「浮かれの掛取り」、「龍王(竜宮)界龍の都」(小倉船)、「月宮殿星の都」などが知られている。

しかし、玉蘭と蘭丸について文献に記載はあるが、実在さえ証明されていないそうだ。

初代染丸は幕末から明治二十年代まで活躍したが、没後は名跡が絶えていた。二代目を継いだのは三代目笑福亭松鶴一門の松喬で、その一門から現・四代目へと続いている。

さて、今回の演目は、

  • 桂阿か枝/子ほめ
  • 林家染弥/浮れの掛取り(蘭丸 作)
  • 林家染二/不動坊火焔(菊丸 作)
  • 林家花丸/月宮殿星の都(蘭丸 作)
  • 林家染丸/堀川猿回し(菊丸 作)

阿か枝さんは活舌と気風がいい。約17分。

染弥さんは女性の演じ方に難あり。夫婦の会話が男同士に聞こえる。狂歌、浄瑠璃、歌舞伎、喧嘩などあの手この手で借金取りを撃退。

染二さんは軽妙な高座。リズミカルでコミカル。

花丸さんは奇想天外な噺なので、「ついて来られるところはついて来てください」と。緩い構成の細部に工夫を凝らし、自在に洒落のめす。宝塚歌劇団のパロディ(天の川歌劇団)も登場。ミュージカル「エリザベート」の看板を書き損じて「エリザベーソ」に。明るく賑やかで花丸さんのニンに合っていたが、唯一不満だったのは宝塚の「大階段」を「だいかいだん」と喋っていたこと。花丸さん、正しくは「おおかいだん」です。なお余談だが、あと宝塚用語で間違いやすいのに「銀橋」(ぎんきょう)がある。

堀川猿回し」は親不孝な息子二人の噺。演じ方によっては後味悪い内容だが、染丸さんは巧みな話術で嫌味なく、明るい笑いへと転化させた。特にこの人は年増の女性を描かせると絶品で、オバン(母親)には参った!肩の力を抜いた、はんなりした芸を堪能。

林家らしくハメモノ(お囃子)がふんだんに盛り込まれ、実に愉しい会だった。

|
|

« テーマは3!〜大植英次/大フィル 定期 | トップページ | Shall We ダンス!~大阪交響楽団 定期 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52195906

この記事へのトラックバック一覧です: 林家のご先祖様の落語会:

« テーマは3!〜大植英次/大フィル 定期 | トップページ | Shall We ダンス!~大阪交響楽団 定期 »