« マーラー「夏の交響曲」〜大野和士/京都市交響楽団 定期 | トップページ | 大植英次/大フィル 待望のマーラー交響曲 第4番 »

2011年7月27日 (水)

月亭遊方のゴキゲン落語会(7/21)

ワッハ上方4階・小演芸場へ。

月亭遊方さんワン・アンド・オンリーの会。客の入りは34人。

  • 開幕前戯噺(遊方の日常あれこれ)
  • 報労金(遊方 作)
  • パンチ・パンチ・パンチ!(遊方 作)

まず遊方さんは着物・ファッションデザイナー、紫藤尚世(しとう ひさよ)さんのショー@東京でモデル・デビューを果たされたエピソードを披露。なんとこの方は34歳年下の男性と結婚されているとか。

続いて朝6時からお寺で口演されたこと、ツイッターを始められたこと(アカウントは @tsukiteiUFO )などの話題を。

報労金」はネタおろしの会「できちゃったらくご!」で初演以来、二回目。まぁこれは今後の発展を期待するということで。

パンチ・パンチ・パンチ」はボクシングの噺で「あしたのジョー」や「ロッキー」へのオマージュ。古典落語「花筏」のパロディにもなっている。輪島功一さんの「かえる飛び」戦法や「よそ見パンチ」等のエピソードをマクラに。抱腹絶倒、すごくいい!パンチの応酬になるクライマックスでは、「シュワ、シュワッ!」という陰の効果音(声による擬音)をわざわざ笑福亭鶴笑さんが来られて担当された(ノーギャラの友情出演?だそう)。これが絶品。遊方さんによると鶴笑さんは初演でも効果音を担当。後に別の噺家がしたこともあるが、どうもしっくり来なかったそう。滅多にお目にかかれない、大変貴重な体験をさせて貰った。

|
|

« マーラー「夏の交響曲」〜大野和士/京都市交響楽団 定期 | トップページ | 大植英次/大フィル 待望のマーラー交響曲 第4番 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/52285749

この記事へのトラックバック一覧です: 月亭遊方のゴキゲン落語会(7/21):

« マーラー「夏の交響曲」〜大野和士/京都市交響楽団 定期 | トップページ | 大植英次/大フィル 待望のマーラー交響曲 第4番 »