« TOR I I 講談席「今、敢えてお金儲けを考へる/浪花の商人物語特集」 | トップページ | 第80回 創作落語の会(仁智・八方・三枝) »

2011年6月 4日 (土)

映画「プリンセス トヨトミ」

評価:C

Toyotomi

映画公式サイトはこちら

直木賞候補となった原作の著者、万城目 学(まきめ まなぶ)は大阪府出身。京都大学法学部卒。

豊臣家の末裔が生きていて、それを地下組織が守っているというアイディアは悪くない。大阪国が立ち上がり、独立しようとするのは桂三枝の創作落語「大阪レジスタンス」に通じるものがあり、この発想に大阪人の長年に渡る鬱屈した想い・反骨精神・ロマンが感じられるので僕は好きだ。

但し、この物語(法螺話)のプロットには大きな穴、欠陥がある。

映像的に「プリンセス・トヨトミ」は道頓堀や新世界が人っ子一人いなくなる「大阪全停止」が売りである。

しかし「豊臣家を守れ!」という使命は父から息子に代々受け継がれてきた。つまり「母と娘」は無視されているのである。ならば、「お家の一大事、いざ見参!」となった時、一堂に会するのは男達だけということになる(実際そうなっている)。とすると、道頓堀や新世界から女性たちは消えないし、観光客だっている。だから空っぽになる筈がないのである。いくらフィクションとはいえ、詰めが甘い。興醒めであった。

堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一らは好演しているし、演出も悪くない。惜しい。

なお映画を観終わり、近くに座っていたおばちゃんが開口一番、「綾瀬はるか、どんだけ走んねん!道頓堀から空堀商店街やで」には爆笑した。さすが大阪のおばちゃんはおもろいわ。

|
|

« TOR I I 講談席「今、敢えてお金儲けを考へる/浪花の商人物語特集」 | トップページ | 第80回 創作落語の会(仁智・八方・三枝) »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51851982

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「プリンセス トヨトミ」:

« TOR I I 講談席「今、敢えてお金儲けを考へる/浪花の商人物語特集」 | トップページ | 第80回 創作落語の会(仁智・八方・三枝) »