« 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅 2011に市立柏高校登場! | トップページ | 延原武春/大阪フィル「ウィーン古典派シリーズIV」 »

2011年6月22日 (水)

いずみホール・オペラ グルック「オルフェオとエウリディーチェ」

6月10日いずみホールへ。

Gru

グルックのオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」を鑑賞。演出は岩田達宗。イタリア語上演で字幕付き。

このオペラは1762年にウィーンのブルク劇場で初演された。この時、モーツァルトは6歳だった。

Izumi

登場人物は3人のみ。福原寿美枝(オルフェオ)、尾崎比佐子(エウリディーチェ)、石橋栄実(アモーレ)という布陣。

河原忠之がピアノと指揮を担当し、いずみシンフォニエッタ大阪8名のアンサンブル、そして8名の合唱団によるシンプルなもの。原曲はチェンバロだがピアノを用いた編曲(足本憲治)も悪くなかった。

派手さはないが、素朴な味わいがあって、こういうのも好きだな。歌の美しさを堪能した。演出も粋で良かった。

|
|

« 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅 2011に市立柏高校登場! | トップページ | 延原武春/大阪フィル「ウィーン古典派シリーズIV」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51995409

この記事へのトラックバック一覧です: いずみホール・オペラ グルック「オルフェオとエウリディーチェ」:

« 「笑ってコラえて!」吹奏楽の旅 2011に市立柏高校登場! | トップページ | 延原武春/大阪フィル「ウィーン古典派シリーズIV」 »