« 寺神戸 亮 & 曽根麻矢子/デュオ・リサイタル | トップページ | 午前十時の映画祭/「追憶」とアーサー・ローレンツ »

福笑と異常な仲間たち vol.4 ~アブノーマル人物伝~

4月7日(木)繁昌亭へ。

20110407181312

20110407181329

  • 笑福亭たま/プロレス(たま 作)
  • 笑福亭福笑/スパイス王国の反乱(福笑 作)
  • 橘 右佐喜/寄席文字
  • 笑福亭福笑/千早ふる

徹夜で新作の原稿を完成させたという福笑さんのエピソードを紹介し、「師匠は不死身だなと思います」とたまさん。

プロレス」のマクラで、プロレスラーは「相手の攻撃を全て受け入れる」という意味においてイエス・キリストみたいだと。上手い比喩。この新作を聴くのは2回目。サゲに意外性がないのが欠点だが、ギャグがいっぱい増えていてさらに面白くなっていた。

福笑さんの「スパイス王国の反乱」は日本にやってきたジンジャー王子が悪役ガーリックと戦い、サフラン姫を救出するというもの。正直、今ひとつかな。

江戸時代から続く寄席文字の世界で、女性は右佐喜さんが初とか。「そういう意味で私も”異常”なのかも」と本人の弁。実演を見るのは初めてで、大変興味深かった。

福笑版「千早ふる」は大胆なアレンジがさすがだった。本筋を押さえながらも、ここまで逸脱できるのかとびっくり。やっぱり”落語はJAZZ”だなと納得。

|
|

« 寺神戸 亮 & 曽根麻矢子/デュオ・リサイタル | トップページ | 午前十時の映画祭/「追憶」とアーサー・ローレンツ »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/51342399

この記事へのトラックバック一覧です: 福笑と異常な仲間たち vol.4 ~アブノーマル人物伝~:

« 寺神戸 亮 & 曽根麻矢子/デュオ・リサイタル | トップページ | 午前十時の映画祭/「追憶」とアーサー・ローレンツ »